平成30年の医療と介護の診療報酬同時改定資料の検討②

週末はなんだかんだでこまごまと忙しかったんです・・・

 

こんにちは、札幌ではこの2,3日台風接近の影響か雨が時折強く降っていますね。今日は大丈夫そうですがこれを機会に一気に秋モードに突入するんでしょうか・・・天気は自分達にとって結構気になる要素ですんで気にしていきたいと思います。

最近3人体制となった当院のSWさんですが、さらに忙しさに拍車がかかっているようです。患者さん300人近くの対応と医師5人からの要望の調整、一緒に働いている訪問看護ステーションとの調整や各病院や関連事業所との調整など、傍でみていますが座る暇もあんまりなさそうなくらいです・・・・死ぬ気で頑張ってください・・・・・・(こういうところは当院は体育会系なんです・・・・・)

↓↓以下書類の山に囲まれてもうれしそうな?SW三人組です

IMG_2021

さて本日の記事はこれです。一昨日に続き今度は福祉用具と住宅改修についてです。中身を見る限り長期的には福祉用具と住宅改修についてはまず間違いなく自己負担が極端に増えるか、適応が厳しくなるかどちらかは避けられないように思われます。国の社会保障費は有限ですのである程度は予想できますが在宅で生活継続するうえで両者ともかかせないのは間違いのない事実ではあります。両者ともかりに実費負担となった場合、これまで以上に在宅困難→施設へ、との方向性が顕著になるような気がしますが皆さんはどう考えますか?中身をみて各自考えてみてください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000130774.html より 資料2 福祉用具と住宅改修 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000130769.pdf から

1a

2a

3a

4a

5a

6a

7a

8a

さて今週も1週間頑張りましょうか