中央社会保険医療協議会 総会(第300回)議事を読む②

今日もいい天気ですね。昨日からの続きです。123456

P3を読んでの感想と予想

①薬価の抑制と後発医薬品へのより一層の推進。(これは自明の理ですね)

②地域包括ケアにおける薬剤師の役割を強化する方向。後述するリフィル処方箋も活用し薬全般の管理(服薬管理、副作用の評価、投与経路の検討、在宅での麻薬管理)を24時間対応で地域でしてもらうこととなる。

でも自分の考えとしては薬剤師さんはこれまで業務としては調剤に特化しているため、政府が推進するような在宅での総合的な服薬管理はかなり難しいと思います。

アセスして自分で判断する、という行為は訪問看護でもでてきますが病院ではほぼすべて医師がしてきていた行為ですので看護師でも難しいところではあります。他職種がして大丈夫か?した場合の結果の責任はだれが負うのか?大きな議論になりそうですね。