資料提供:電子処方箋管理サービスの運用について

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

来年、2023年1月から電子処方箋が利用できるようになるのを皆さんご存じでしょうか?まぁ多分9割くらいの方は知らないしあまり興味もないかと思います!(^^)!が、1月ってあと1か月ちょいですよね。結構早いと思いませんか?

それにあたって厚生労働省が電子処方箋の運用についての資料を2022年の10月28日に公開しています。まずは1次資料を読むのが社会保障制度を理解する上では重要ですので読んでみたいと思います。興味ある方は一読どうぞ!

電子処方箋管理サービスの運用について

1枚目の資料だけ下にのせときますね。14Pしかないのですぐ読めますのでどうぞ!

 

自分がこの資料を読んで一番に思ったことは、電子処方箋を運用する上でのインフラの整備がやっぱり各電子カルテメーカーにお任せになっており、長期的には電子処方箋の取り扱い方、使用方法の統一性がとれなくなるんじゃないか、という点です。非常に危惧しています。

いい加減国は全国共通のベースとなるべき医療電子カルテを国主導で作るべきだと思います。多少費用かかったとしても医療インフラの整備に金をかけるのは最終的には国民の長期的な利益につながるので、国民は納得はすると思うのですが・・・皆さんのお考えはいかがでしょうか?

 

今後2,3年で社会保障制度を取り巻く状況や環境が劇的に変化していきそうですね。いつまでも昔のやり方に固執し、変化に柔軟に対応できない医療機関は潰れていくでしょう。頑張って時代の先を読んで準備していきたいですね!(^^)!

 

*追記:その後関連して気になる記事見つけましたので興味ある方は一読どうぞ!

GEM MEDさんから

電子処方箋の有用性・必要性は理解するが、病院の体制が整っておらず、2023年1月スタートに「極めて強い不安」—日病協・山本副議長

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

医療事務さん募集中!→こちらをどうぞ!

MSWさん募集中!→こちらをどうぞ!

当院について

2022年上半期、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!