ワクチンはうつけれど後のことは知りません、というのはどうなんでしょうか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

コロナワクチンに関して、医療機関は打つことでかなり経済的なメリットを享受できます。当院は経済的な面で取り扱うことを決めたのではなく、当院のかかりつけ患者さん、宮の森や円山、山の手などクリニック近辺の地域の住民のためにワクチン接種を行っているのですが、医療機関によっては経済面のみをみてワクチン接種をしているところもあります。(どことはいいませんが札幌でも眼科や婦人科のクリニックさんでもバンバン打っているとこありますよね。)

コロナ流行抑制のため一定の効果があったことは否めませんが、最近そんな他院でワクチン接種した後の副反応などで困った患者さん達が、打ってくれた医療機関に”副反応で~~”って問い合わせしても対応してくれない、という状況となっています。

せめて自分達で打ったなら自分達で最期まで責任を診るべきでは?と思いますし、これから3回目接種が始まったとしても、それらの医療機関は基本的には打つことのみに専念しその後のケアはしないのでしょうね・・・

 

たくさんの人に接種することこそがまずは重要、っていうのは理解できますが、医療機関として本当にそれでいいのでしょうか?皆さんはどう思いますか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!