コロナ禍の今こそ、改めてかかりつけ医とは何かを考えてみるのはどうでしょうか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

コロナワクチン接種が来週から本格的に開始となりますが、現在当院の電話(在宅部門の電話)はまだつながらないことがあります。・・・ワクチンの予約の電話を外来の窓口ではなく在宅部門の電話にしたのでその影響ですね。在宅患者さん案件で緊急の対応が必要な場合は躊躇なく医師の携帯にお電話ください。

さてここ10年くらい医師会のみならず政府も「かかりつけ医をもちましょう!」とかかりつけ医政策を推進してきましたが、皆さんはかかりつけ医といえる医師をもっていますか?普段受診して通院している患者さんは当たり前ですが、普段受診していなくても、たまに受診して医療のことのみならず人生のこと、生活のこと、困っていることなど色々と相談できるのが広い意味でのかかりつけ医だと個人的には思っています。

 

皆さんはかかりつけ医ってどんな基準で選んでいるでしょうか?またもしもっていなかったらどんな医師ならかかりつけ医としたいですか?コロナ禍の今こそ”かかりつけ医”とな何か、どこをかかりつけ医として選ぶのかをきちんと考えるべきだと思います。

*熱発した時に診療してもらえるのか

*ワクチン接種はしてくれるのか

*体調不良となった時に往診してくれるのか

*病院との連携をきちんとしてくれるのか

*家族の相談もできるのか

*ADL低下したら在宅医療もしてくれるのか、場合によっては在宅看取りまでしてくれるのか

等々・・・かかりつけ医をもつ、選択する、ということはそれらをトータルで含めて考える、ということだと思います。

 

せっかくなので、改めてかかりつけ医とは何か、何を期待するのかを考えてみませんか?決して無駄にはならないと思いますよ。

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!