札幌市行政の基礎体力は深刻に低下している?コロナワクチン施行への準備は未だ・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

札幌市からようやく現時点になって、高齢者施設におけるコロナワクチン接種に関しての医療機関の意向調査すると連絡がありました。実際その文章もクリニックのメールに届いていますが、(ここでは公表しませんが)基本的には医療機関に丸投げで何も行政が主導で決めているルールなどもなく、「なめてんのか?」っ思ってしますのが本音です。

 

個人的にはすると決まった2月下旬から時間はかなりあったので、行政と保健所、医師会で議論は行っているので何も個別の医療機関に連絡がないんだろう、と思っていたのですが、そうではなく本当に何もしていないだけだったんですね・・・・・

 

基本的にはこの問題は末端の現場の職員さんの問題ではなく、行政上の大きな問題にどのように組織として取り組むか、という組織の問題だと思います。トップが明確なタイムスケジュールや方針、調整などを行わないと、現場の職員に全部丸投げしたって無理に決まっていますよね。

コロナ感染症に対するワクチン接種は、現在の札幌市の行政問題上トップレベルに位置する問題だと認識しています。その問題に対し、このようなお粗末な対応をしている札幌市の行政、基礎体力や調整力、行政力が本当に低下しているんだなと心の底から心配しています。

ワクチン一つとってもこのレベルであれば、福祉や介護、年金や公的事業に関しても全てがこのレベルなんでしょう・・・そりゃ日ハムにも愛想つかされます。

 

札幌市はこれから組織改革、行政力のアップを目指して活動していけるのでしょうか?そしてワクチンに関して言えば、無事安心して市民の方に接種できる体制を整えられるのでしょうか?前途多難ですが現場で、持ち場でできる努力は最大限していきたいと思います。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!