訪問看護の現場では、誰に指示されようが自分自身で考えて行動することが重要。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

先日とある在宅医療の現場で、訪問看護師さんにもうちょっとこうして欲しいな、と思った時に相談したんですが、担当の看護師さならこんな返答を受けました。

「・・・・確かにそうですし自分もそう思います。ただ所長にも相談したんですが、うちの管理者の方針が○○で変わらないのでこの患者さんには○○というケア継続していきたいと思います。」

うーん、確かに管理者の方の方針が重要、というのはわかるのですが、一番患者さんを現場で看ているのはあなた自身でしょう??なぜ自分の頭で考えて一番ベストであるというケアの方向に切り替えないのか、切り替える努力をしていかないのか、自分には理解できませんでしたよ。

 

管理者に言われたから、とか、○○という認定看護師さんがそういうケアをしていたから、とか、在宅医が○○という指示を出したから、とか・・・・他人の考えで、他人に指示されてまま行動する、ということは訪問看護のプロフェッショナルとして絶対してはいけないこと、自分はそう思います。

訪問看護のプロって他人が何を言おうがどう指示しようが、患者さん家族(クライアント)のために一番の利益になるケアや治療を提供することではないでしょうか??大事なことは自分自身が納得できるかどうかだと思いますが、他人の指示で納得できないものがあった場合にどう行動すべきなんでしょうか?

自分の目で見て、自分で判断して、自分で行動する。そんな自立した訪問看護師さんが札幌で増えればいいな、そう思っていますよ。皆さんは言われたまま動いていませんか?自分の頭で考える努力、放棄していませんか?

当院は自分で考えて行動したい、行動できるようになりたいと思っている、自立したい看護師さんを募集しています。興味ある方は是非ご連絡くださいね。

 

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!