札幌市はコロナワクチンの接種ついてきちんと情報発信すべき!!現状はしなさすぎです!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

コロナワクチン接種について以下のような記事が日経に出ていました。

札幌市、高齢者向けコロナワクチン接種本格化は5月から

「札幌市は新型コロナウイルスのワクチンについて、大半の高齢者への接種を5月に始める見通しを示した。4月はワクチン供給量がごく僅かに限られることから、対象を一部の多床型高齢者施設に限定する。

当初は4月に予定していたワクチン接種券の送付も当面見送る。北海道が4月中に国から配分されるワクチンは接種回数ベースで2万回強で、こ…」

 

21年3月現時点で札幌市のワクチン接種についての情報公開は極めて遅く量も不十分です。

医療機関にも何も連絡もない状態で、現状の状況や今後のスケジュールについても全く何も情報提供がありません。

これは行政のトップの考え方、行政のシステム次第だと思うのですが、どれだけワクチン接種を重視(軽視?)しているのかを示している現状だと思います。もしくは情報の重要性を認識していないか、ですかね。

札幌市自体に情報がないのであれば、ないときちんと伝える、未決定の事項があるのであれば未決定と伝える、とにかく現場に対しこまめに情報発信を行うことが重要と思いますが、札幌市にそこまでの意思、行政力、後方の重要性についての認識はないのでしょうね・・・・

現場で努力している人がいるのは100も承知ですが(当院のその末端の一つですし)、行政の内部調整や医師会との調整に追われて、行政として何をすべきか、クリアにできていないのが現状の札幌市ではないでしょうか?

 

有事に本当に必要なリーダーシップ、すべきことは何なのか?情報の重要性についてどう考えているのか?札幌市の行政トップは今この問いに答えるべきだと思いますよ。皆さんもそう思いませんか?

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!