地域に密着したかかりつけ診療所で行政保健師が活躍できるようになればいいですね

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

外来や在宅の現場で患者さんを診ていると、本当に医療の枠では解決できない問題がたくさんあるんだな、ということを実感します。別にそこまで深く立ち入らないで表面上の医療だけしようと思えばできるのですが、やっぱりかかりつけ医としてはその人の内面まで入っていって問題の根本から解決してあげたい!と考えると、やっぱり医療以外の面にも介入しないといけないな、どうしたらいいだろう・・・と日々考える毎日です。

可能であれば現在区役所に勤務して地域包括ケアの一員として頑張っている保健師さんをかかりつけ医療機関にも配置できるようにしてもらえれば、もっと効果的かつ実践的なコミュニティケアができるようになるんじゃないかなと常々思っていますがどうでしょうか?

予防医療から健診相談、その他高齢者福祉の業務など、実際保健師さんがやっている業務内容は、総合診療的な外来であったり在宅医療に取り組むんでいるかかりつけ医療機関とはかなり相性がいいはずです。

 

単純に保険業務をより有効にしていきたい=役所に努める保健師さんを増員する、といった短絡的な思考になるのではなくて、可能なら地域の資源をどう活かしてもっと効果的な支援を地域でできるようになるのか、これからシステム自体ももっと検討していくことが必要でしょう。

保健師さんが診療所で活躍する未来、くればいいなと心から思っていますが皆さんはどう考えますか?

 

 

当院の診療所の看護師さんには地域に積極的に絡んでほしいと思っています。外来でも在宅でもどんどん他事業所と連絡をとって、コミュニティの中で活動する看護師さんを増やしていきたいと考えていますよ。

既存のただの医師のサポートのみの診療所看護ではなくもっと自分が主体的に行動したいなと考えている看護師さんいましたら是非ご連絡くださいね。お待ちしています。

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!