“See one, do one, attract one”が在宅医療ではしっくりくるフレーズですね

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

病院にいる研修医の時によく言われたりする言葉の一つに

”See one,do one,teach one”

っていう古典的なフレーズがあります。

まずは先輩がする医療処置をみてそれを理解して、理解した後にそれを自分でやってみる、きちんとマスターしたら次の後輩にそれを教えていくっていう理論です。まぁ手技の難易度や患者さんの状況や社会的背景によってはsee oneが延々としばらく続くこともありますし、逆に自分の脳神経外科時代の時のように、必要に迫られてdo oneから入る場合ももちろんあります。(もちろん例外的ですが)

 

さてでは在宅医療の現場では上のフレーズ ”see one,do one, teach one”っていうのは通用するでしょうか?これは普遍的で間違いではないですが、在宅医療や在宅緩和ケアにもっとしっくりくるフレーズがないでしょうか?

自分が考えるにやっぱり在宅の現場では色々患者さん毎の背景が違い過ぎて医師や看護師同士で教えることは、介護保険や社会制度などの基本的な知識と在宅医療での基本的な考え方になると思います。なので比重としてはteach oneの重要さはあんまりないかなと・・・・

 

それよりももっと重要なことは在宅医療の本質を考えるなら”See one,do one ,attract one”って言う方がしっくりくるかと思います。

訪問看護師や医師がすることを同行してみて覚え、覚えた後は自分が訪問し実践する、そしてできるようになったその後は、在宅医療に興味のない医療者にもどんどん積極的にアプローチしてその魅力を理解してもらうように活動する、っていうことが在宅医療の普及のためにも医療のためにも必要なことなんじゃないかなと思います。

attract oneができれば在宅医療に従事する人も増えますし、結果として医療の質もあがることに貢献できる、地域を豊かにしていけると個人的には考えていますが皆さんはどう考えますか?

 

札幌での在宅医療や在宅緩和ケア、訪問看護に興味ある医療者の方募集しています!!是非ご連絡くださいね。

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!