帯状疱疹はかかりつけ医でも診察していますよ

こんにちは、札幌で年中無休のプライマリーケアを行っているかかりつけ医@今井です。

帯状疱疹って皮膚科で診てもらうものだと思っていませんか?いえいえ、かかりつけ医も診察していますよ。

外来診療していると原因不明の疼痛に遭遇することよくあります。頭痛、腹痛、背部痛などなど・・・・その中でも結構な確率で帯状疱疹であることあります。ピリピリした痛みの訴え、大抵初診時には疱疹がなくて診断結構困るんですが、きちんとその可能性について説明していると翌日以降に発疹出てきたときに受診してもらえます。

大抵抗ウイルス薬投与しますが大事なのはむしろその原因と疼痛薬選び・・・かかりつけ医としてはストレスの原因となる仕事の疲労や生活上のストレスがないか、介護負担などがないかを毎回お聞きしています。

また疼痛薬もリリカやトリプタノールなどは運転業や高所での作業する患者さんには不適ですので諸々職業も確認しながら処方調整することになります。

帯状疱疹は皮膚科で診てもらうべきですか?自分は生活背景や家族因子、職業まできちんと把握した上で診察をするかかりつけ医が診るべきだと思っています。皆さんのご意見はいかがでしょうか?よければ教えてくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。