当院が検討した在宅医療で使えそうな電子カルテ5つ~これが理由で断念しました!

こんにちは、在宅医療の現場においては大体どの診療所も電子カルテを使用されていると思いますが当院はモバカルというクラウド型の電子カルテを使用しています。昨年10月に外来診療を開始する時に電子カルテの入れ替え等も検討したのですが結局そのまま使用することになりました。

以下まだ電子カルテを導入していない、もしくは電子カルテの入れ替えを検討している在宅医の先生のために当院で外来×在宅でその時にどの電子カルテを検討したかご紹介したいと思います。

 

↓以下当院で検討した電子カルテ

 

ダイナミクス

元々開業当初当院で自分が一人で在宅を行っていたときには使用していた電子カルテです。外来診療開始する時にもっかい使えないかなと再度検討してみたのですが、どうしても複数医師でのカルテの更新や多職種との連携機能、予定表の管理などが煩雑になりそうでしたので再導入は見送りました。

でも一人で開業し在宅医療をする場合、初期導入費用を抑えたい場合などでは自信をもってこれ使った方がいいですよってお勧めできる電子カルテです。(慣れるまでは時間が必要ですが・・・)

 

セコムOWEL

モバカル同様クラウド型の電子カルテです。この電子カルテは価格的にも○○○万円くらいで電子カルテの中では比較的安かったのですが(これでも安いほうなんですって・・・)、既存使用しているモバカルよりは高いこと、モバカルから変更するメリットを見いだせなかったこと、あとはセコムが運営している医療機関さんでもまだ導入していないみたいでしたのでちょびっと様子みてからの方がいいかな、と考え導入は見送りました。

 

在宅支援システムがあったので検討しましたが○○○○万円と非常に高額であったため価格の面ですぐに断念・・・こんなん零細クリニックでは導入無理です・・・

 

Medicom-HRV

こちらも価格が折り合わず・・・・高すぎた~

 

TOSMEC Aventy™ 2.0

こちらはセコムと同じくらいの金額でメディコムやヒタチよりは安かったのですが予定管理画面が今一つ、あとはハードの指定があるためそこもひっかかってしまい選択から外しました。

 

というわけで現在はこちらの電子カルテを使用しています

モバカルネット

初期導入費用とランニングコストが安いこと、予定管理が使いやすいこと、多職種でも使用しやすいこと、掲示板機能がすぐれていること、ハードが指定されないことなど現時点では在宅分野で使用するにはいい電子カルテはやっぱモバカルかなと思います。でも一人でやるならダイナで十分です。ダイナはモバカルよりもっと安いですし!

 

他にも検討しなかった電子カルテもあるのですが、まあ上記のような理由から当院では現在もモバカル継続して利用しています。できれば外来ユーズでの使い勝手の良さの向上を希望しますが費用対効果で考えれば十分でしょうか。

 

以上参考にしてみてください。質問あれば気軽に連絡ください。by今井

このエントリーをはてなブックマークに追加