年末年始に向けての在宅医療の調整はできれば早めに動いてくださいね・・・・

今週末はそういえば当院の忘年会ですね・・・・・

 

こんにちは、やっぱり年越しそばは自宅で食べて家族と一緒に過ごしたい、元旦は自宅で迎えたいと、改めて考えて訪問診療を依頼されるご家族や患者さんが増えつつあります。

訪問診療は当院で対応可能なんですが、ちょっと複雑な疾患や医療処置の対応が必要であったり、連日だれかが訪問するような必要があるような患者さんであれば、これからの時期は訪問看護師さんの確保も大変になってきます。(当院の訪問看護は結構もう枠いっぱいそうです・・・)

もっと在宅医療に従事する看護師さんが増えればこの問題は解決するのですが・・・・・そうそうすぐには解決しそうにないですね。訪問診療もそうですが訪問看護についても1人前になるまでは最低でも2,3年の時間は必要です。ただそれでもその程度の年数では制度について理解するのは難しいのはでないかと思います。

例えば制度についてもこんな図をみてきちんとその加算の意味や制度の文脈を自分で咀嚼して患者さんや家族にきちんと説明できるような訪問看護師さん、何人いるでしょうか?

 

うーん、確かに制度が複雑であることは訪問看護を始めるにあたってもハードルの一つにはなるとは思いますので、できれば訪問診療も看護ももっと簡単な制度設計にしてほしいですね・・・

 

とだらだら書きましたが・・・言いたいことは、年末にむけて在宅復帰の調整に入るなら今週を逃すと結構厳しくなるかと思いますので早めに連絡してくださいねっていうことでした。できれば帰れる状態の患者さんは正月くらいは自宅で過ごして欲しいですよね・・・・・

(ちなみに当院は定期の訪問診療は休みになりますが当たり前ですが往診は対応します。また外来は無休で31日だろうが1月1日だろうがやりますので困った患者さんいたら受診してくださいねー)



このエントリーをはてなブックマークに追加