在宅医の会の忘年会に参加してきました。

12月は例年忙しいですが今年はどうなるでしょうか・・・・・

 

こんにちは、昨日は札幌市内の在宅医の集まりに和田先生と一緒に出席してきました。20時から開始の在宅医の会の忘年会(いつもだとそろそろ寝る時間ですが)・・・・・色々な先生がこられて交流させて頂きました。

↓20人近く集まって楽しく食事してきましたよ。

↓坂本先生からのヒトコト中・・・・・

それぞれの先生のお考えなども聞くこともでき、自分と和田先生も来年度にむけての抱負などを話し、在宅医の各先生方に協力をお願い致しました。個人的には、名前はお出ししませんがとある病院の先生の話が一番びっくりした内容でした・・・・・

それにしても結構皆さんお酒飲むペースが早くて、一緒に飲んでいるとあっという間に自分は眠気がピークに・・・・朝7時からの外来もあるため10時前に申し訳ないですが退室してきました。

在宅医同士の交流の機会ってお互い相手のことを理解するのにとても大事だと思います。先週も実は自称若手在宅医でも集まりあったんですが、体力の続く限り一応顔出しはしようと思っています。12月ってこんな集まりまだまだあるんでしょうか、頑張りたいと思います。

 

さて今日の気になる医療ニュースはこちらです。11月28日に行われた経済財政諮問会議の経済・財政一体改革推進委員会の社会保障ワーキンググループにおいて、平成30年度に向けての社会保障分野の改革工程と現在の状況について資料が発表されました。

来年度以降どうなっていくのか、これもよくわかる資料かと思いますので興味のある方は一読してみてください。

資料1 および 資料2 から

個人的に気になったキーフレーズは<病床機能分化の推進><介護サービス事業者におけるインセンティブ><アウトカムに応じた介護報酬><かかりつけ薬局・薬剤師の推進><調剤報酬の適正化><高齢者の重複投薬や多剤投与を含む処方の在り方>でしょうか。

皆さんは何か気になる点あったでしょうか?



このエントリーをはてなブックマークに追加