病院での癌患者さんへの医療者の対応

へ今日も暑い1日ですね・・・

 

こんにちは、HPみて見なし看護のことや在宅での看取りなどの相談してくるのにできるだけわかる範囲で返信するようにしていますが最近指定されたメールアドレスが間違っている人がちょびっといらっしゃいます。お間違えのないように&返信がない人はメアド間違ってないか確認してみてください・・・・

 

最近癌末期の方の患者さんや家族と話していると、やっぱり病院での医師の説明や対応にあまり納得していない方が本当に多いなって印象を受けますが皆さんはどうでしょうかね。医師の説明に関してどんな点が不満かというと「病状に関して厳しい説明がなされたのみでその後の心のフォローがなかった」「説明を本人だけにしてしまい家族は聞けなかった」「説明が専門すぎて細かすぎて理解できなかった」「言い方がきつかった」等々・・・・病院に勤めていた時は時間に追われて仕事していた身ですので充分良く病院の先生が時間がないのは理解できていますし、限られた時間でできるだけ親身に話を聞いてあげたり説明してくれているとは思いますが、これだけ不満の声を色んなところで聞くことを考えると本当に病院での癌患者さんへの医療者の対応って根本的に変わらないといけないのかも知れませんね。

自分にできることはなんだろうと考えますが・・・・・うーん、ちょっとしたことでその先生への印象や病院のイメージが決まってしまっている事を患者さんから何度も聞いているので少なくとも自分はそんなことがないように気をつけていくぐらいでしょうか・・・少しでも納得して治療を受けたり説明を聞いたりできる患者さんが増えてくれることを切に願っています。

 

さて本日の医療ニュースは・・・・適当なものがないので自分の好きな映画の音楽でも紹介しますね。

 

学生の時バックパックで1か月くらいイタリア旅してきましたが、この動画みたらまた行きたくなってきました・・・・それにしても素敵な映像によくあういい音楽ですだと思いませんか?と、あまり医療とは関係ないことですみませんが今日はこの辺で・・・・・