アドバンスド・ケア・プランニング(ACP)について

札幌は今日はものすごく暑いですね・・・・

 

こんにちは、先日「第1回 人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会」が開催されていたって皆さん知っているでしょうか?おそらくあんまり知らない人の方が多いんじゃないかって思いますが、その検討会での資料が公表されています。その資料の中で<資料3 アドバンスド・ケア・プランニング>が読んでいても面白い資料であったため一度在宅に関わる医療者の方はみておいた方がいいかと思いますので紹介したいと思います。

以下のスライドは適当に何スライドか気になるものを抜粋していますが、できればご自分で全部みてもらった方がいいかと思いますので是非時間ある方は全文みてみてください

厚生労働省 第1回 人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000173574.html から 資料3 アドバンスド・ケア・プランニング http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000173561.pdf より

↓以下スライド適宜抜粋したもの

1

3

4

5

8

9

10

11

18

19

26

27

28

30

31

32

35

36

 

 

今はこんな資料がきちんと公開されているんですね。すごい勉強になりますね、こういう公開資料をきちんと目を通していくことって外部から医師には何が求められているのか、客観的に知るためにも重要だと個人的には思っています。時間ないけれど必要度の高いものはみていかないと・・・・何度も言いますがこの資料、是非全文読んでみてくださいね・・・・