特定保険材料について

午前中は澄川~真駒内まで診療に行ってきました。中央区とはまた紅葉の具合が違いますね、いい天気で何よりです。

 

こんにちは、本日は昨日に続き薬剤師さん関係のお話です。当院では基本的に在宅療養に必要な物品に関しては必要なものはクリニックから出す形としていますが、今回たまたま同じ時期に2人の患者さんのそれぞれの薬局さんに尿カテをだしてもらうことになりました。(処方せんにのせられる特定保険材料についてはこちらを参照にしてください http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=335775&name=file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000114831.pdf

2つの薬局ともにもってってくれるよーとのことでしたんで当院の看護師さんがお願いしたみたいなんですが・・・・ええ、そのうちの一つの薬局から当院に「カテーテル代1つ900円です」と連絡がきたみたいです。よくよく先方に話をきくと保険請求できる金額ではカテ購入代金にはたりないから差額をクリニックからもらうんだとか・・・連絡きてびっくりですがこれってありでしょうか?

うーん、普段からお世話になっている薬局さんだから何もいいませんが、カテ2つ分のお金1800円・・・なぜか当院が負担することになりました。ひとまずもう処方箋に載せることはしないで、とは考えていますが何か損した気分ですねー。(わかると思いますが本当は当院は払う必要全くなしです)

薬局さんには地域で医薬の物流の拠点になってほしいですが今後も特定保険材料などの取り扱いを薬局で、との流れは普及していくでしょうか?しばらく経過みてていきたいと思います。

 

今日は簡単にこんな感じで更新終了ですが時間あったらまた夕方に書きたいと思います。

って1800円、ブログのネタになったからまぁよしとしましょうか・・・・・