お線香の香り

だいぶ寒くなってきました・・・・雪が降ることを考えて訪問スケジュールぼちぼち考えていかないと駄目ですね。

 

こんにちは、最近当院では毎週水曜に1時間くらい、新しく建築するクリニックの間取りについて喧々諤々の議論が行われているんです。看護師さんからは「この診察室少し広すぎるんじゃない?」って意見がでたり、事務さんからは「事務の仕事スペースが狭いですー」とか「受付待合の広さはこれでいいんでしょうか」っていうのとか、あとは他の職員からも「ロッカースペースってこれでいいのでしょうか」「職員の休憩室の広さって広すぎる?」などなど・・・・・本当にいろんな意見がでてくるので予定の1時間で何とか話を終わらすのに大変です。

そんな議論とは平行しつつ、工事の方はいつ始まってもいいように地質調査を行っています。

↓↓↓実際の写真です、寒い中ご苦労様です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際のクリニックがどうなっていくのか、来年のいつに完成するのかもこれからですが非常に今から楽しみです。続報あれば再度掲載しますのでお楽しみに。

 

話は変わりますが今日はグリーフ訪問の合間に100歳超えの患者さんが亡くなったと連絡あり往診、静かに御看取りしてきました。ちょうどお昼の時間帯であったのでご飯はその看取った患者さん宅で家族の方と当院のステーションの看護師さんとで、患者さんの2年間を振り返りながらご馳走になってきました。穏やかな患者さんの顔をみて、それにしても死亡診断書に書く老衰って病名、最近はすごい多くなってきた気がするなとかぼんやりと考えながらのお線香の香りのする中でのご飯、何か不思議と暖かい感情に包まれました。

 

さて皆さん午後も診療がんばりましょうか・・・・