帰れなかったけど・・・・参加しています、退院時カンファレンス

退院時カンファレンスしたけれど帰ってこれなかった患者さんは結構います。理由は様々ですが、それは仕方ないのかなと思ってできる限り参加するようにしています。もちろん帰ってこなかったらそのために費やした時間はボランティアとなることは割り切っています。実際の患者さんのためでもありますが、その他にも参加し続けると病棟の看護師や退院支援看護師さんに、在宅でできることや在宅医療者の視点を少しは理解してもらえるのではないか、と期待もしていますので頑張るようにしています。

急性期病院の患者さんのいわゆる退院支援ですが、札幌市内のどこの病院もシステマチックにきちんとできている印象はありません。結局在宅に帰れる患者さん、帰りたい患者さんを病棟でどのようにアセスメントして支援につなげるのか・・・・・・いつになったら組織的にできるのかなぁとこの何年か思っています。でも個々の看護師さんやMSWさんは夜遅くまで頑張っているのを知っていますので、できればその努力が実を結んでほしいと切実に思っていますし、そのためにもカンファはできるだけ参加して自分ができることは無駄になってもしないといけないなと考えています。

患者さん、特に癌の末期の患者さんはそうですが、その人生は病院ではなくて自宅や住み慣れた地域で家族と一緒に最後まで過ごしたいはずです。患者さんのためにも良質な退院支援システムが早くできるといいですね。