在宅に戻れなかった患者さんまだまだ多いです

最近市内の大きな病院から紹介され退院時カンファなどの調整をしていた癌終末期の患者さんが、結局状態悪化のために帰ってこれなくなることが連続して何件かおきています。一人の患者さんは金曜日に依頼がきて本日月曜昼に外来でのカンファ予定としたのですが、それでも状態が変化し紹介できなくなったとのこと、聞けば連日病院に行って点滴していたとのこと!もっと早く、せめて訪問看護の導入だけでもしてあげれば楽に自宅で過ごせたのではないかと残念に思います。

開業してから各病院の連携室には繰り返し繰り返し治療が終了した患者さんはできるだけ早い段階で在宅や地域の診療所への紹介を検討してねと伝えていますが、まだまだ課題としてありそうですね。継続して機会があれば声を出していきたいと思います。

今後がん拠点病院で治療をうけている患者さんをどのように、どのタイミングで地域の診療所や緩和ケア病棟に紹介していくのか、地域包括ケアが名ばかりにならないように各病院でもしっかりと考えてもらえればと思います。

患者さんが札幌で最高の在宅医療が受けれるよう、日々頑張りまーす。さて午後の訪問に出かけますね。