MSWと在宅医療について

近年MSWとして勤務する人にとって在宅医療に関する知識は必須となっていると思います。退院する癌末期の患者さん、脳梗塞後遺症の患者さん、外来通院する独居の患者さん、様々なケースにおいて本質を見極め必要な支援を提供していく必要性がどの病院でも求められていると思います。

当院のMSWの仕事は多岐にわたります。①診療所と病院、他診療所、訪問看護、介護支援事業所との橋渡し②新規の患者さんの必要な医療、介護情報の取得、アセスメント③患者さんごとに必要な社会資源の活用方法と具体的な提案、などなど。

在宅医療に関わる看護師、医師は大まかに医療介護制度について助言することはできますが、それを実行に移したりよりかみくだいて説明するためにはMSWの協力は必須と思っています。

 

北海道内、札幌市内で是非MSWが在宅医療にどんどん関わってきてほしいと思うのは自分だけではないはずです。在宅医療に興味のあるMSWさん、いつでも当院に見学にきてくださいね。