1月は8名の方をご自宅でお看取りしています。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

11月から12月にかけては毎年在宅医療の新規の患者さんの依頼は多いです。やっぱり年末年始は自宅で過ごしたいですよね。昨年も例年通りかなり忙しい時期となりました。

明けて今年に入り、自宅に退院した患者さんがやっぱりそのまま病院には帰りたくないとのことで最期までご自宅で過ごすことを希望された結果、ご自宅でのお看取りが8名となりました。

最近は毎月5~10名程度ご自宅で患者さんを看取っていますが、どの患者さんやご家族も概ね”在宅で看取る”ということに抵抗感がなく、またその後お悔やみ訪問をさせて頂いても自宅で最期まで一緒に過ごせてよかった、とお聞きすることが多いですね。

 

ただまだまだ在宅医療自体を知らない人は本当に多いです。毎年思うのはどうやって在宅医療を普及、啓蒙させていくか・・・・今年も悩みながらすすんでいきたいと思います。

 

当院は中央区、西区を中心に訪問診療と看護、在宅医療、在宅緩和ケアを行っていますが一部北区や手稲区も対象として診療しています。また南にはさっぽろみなみホームケアクリニックという分院もありますので市内の3分の1はカバーできていると考えています。

「病院から帰れない」「自宅では絶対暮らせない」と言われていても退院してきた患者さん、自宅で暮らしている患者さんはたくさんいらっしゃいます。<無理>という風に考えないで<どうやったら病気を抱えたまま暮らしていけるのか>を考えるのが在宅の医療者の仕事だと考えていますので気軽にご相談を!!

 

 

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

 

 

丸山ワクチンの希望の方でも、標準治療をお勧めすることもあります。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅緩和ケア医@今井です。

1月に入り丸山ワクチン希望の方からの問い合わせが多くきています。また実際自費診療での対応を行っています。

基本的には緩和ケアも併せて行い必要に応じて在宅医療も行っていますが、たまに精査して病気がみつかる→治療検討→結局何もしないですぐに丸山ワクチン、とおっしゃる方も少なからずいらっしゃいます。

自分の立場としては、まずはやはり標準治療を優先して行った方が病状として安定するのではないかと思うこともあり、そのような患者さんには

「標準治療は決してわるいものではないですよ、治療医の先生は豊富な経験もお持ちですし、もう一度十二分にお話しされてから治療を選択してみてはいかがですか?」

とお伝えしています。

患者さんとしてはワクチンを希望して受診しているのに、まずは標準治療はどうですか?と言われると少し困惑された顔をされますが、治療法としてまだ標準治療が選択肢として残っている患者さんに関しては治療をできるだけお勧めしています。(もちろんPSが保たれているのが条件ですが)

これまで在宅でみてきた多くの患者さん、治療したくてもできない状況であった方が多数診てきたこともあり、どうしても治療という選択肢がありながらしない方をみるとそのまま見過ごすことはできません・・・・

治療の先生もその人にあったレジメをものすごく考えてくれていますし、最後の最後まで化学療法、という風に考えている腫瘍内科の先生はおそらくは少ないのではないかと感じています。

当院は希望があれば丸山ワクチンを取扱いさせて頂きますが、まずは標準治療をお勧めすることがあります。治療や外来、在宅での緩和ケアに迷っている患者さんや家族の方がいましたら気軽に当院にご連絡ください。

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

連日駆け込みの在宅患者さんの依頼が増えてきました【まだ対応可能ですよ!】

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

連日色々な病院への退院時カンファレンスやケアマネさんとの新規患者さんの同行訪問など新規の患者さんの訪問診療の依頼が駆け込み的に増えています。

その中でもやっぱり年末年始を自宅でゆっくり過ごしたいというがん患者さんの依頼にはできる限り素早く動くようにしていますよ。1日、1週間早く動くことで自宅でできること、全然違ってきますからね。

 

今年は雪が少なく移動はしやすい冬ですが、事故にだけは気をつけて訪問していきたいと思っています。

まだもう少し在宅医療、在宅緩和ケア希望の患者さんの訪問対応できます。興味ある方いましたら気軽にご連絡くださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

南区の訪問診療はさっぽろみなみホームケアクリニックにご相談ください。在宅緩和ケアにも対応しています。

こんにちは、札幌市中央区の在宅医@今井です。

 

当院の分院であるさっぽろみなみホームケアクリニックが活動を開始してそろそろ6ヶ月が過ぎようとしています。

おかげさまでほぼほぼ毎月15~20人近い新規の在宅医療の患者さんの御依頼があるのですが、在宅緩和ケアが必要であったり医療依存度が高かったりする患者さんの割合が多いために一定の割合で入院したりお看取りしたりしているので患者さんの診療キャパはもう少しだけ余裕があります。

これから冬季になり通院が困難な患者さん、年末年始含め家族とゆっくり自宅で過ごしたいけれど医療面で不安がある、退院したいけれど病院側が中々させてくれないなどなど・・・・在宅医療について相談したい患者さんや家族の方いましたら気軽にご連絡ください。

最近は厚別区や東区など、当院の訪問診療範囲外の患者さん家族の方からの相談もできる範囲で行うようにしています。相談だけでも、って考えている方いましたらまずはお電話などしてみてください。

 

 

 

さっぽろみなみホームケアクリニック概要

○札幌市南区澄川3条6丁目3番3号 じょうてつドエル真駒内1階内 

電話番号:011-820-3373

医師:和田靖、川合晴朗

診療内容:在宅医療、在宅緩和ケア

医療関係者、患者様、御家族へ

当院は札幌の南区を中心に訪問診療、在宅医療、在宅緩和ケアを行うために開設した診療所です。

院長の和田は元々の総合診療に加え、中央区のいまいホームケアクリニックにて長年在宅医療、在宅緩和ケアに従事し数多くの患者さんやご家族の在宅療養支援、在宅看取りを積極的に行っておりました。

一人一人患者さんや家族の考えは違うとは思いますし医療に求めるものも異なるとは思いますが、できる限り希望に沿うような医療を提供したいと考えています。

クリニックにはMSWもいますので地域の医療や介護関連の事業所ともきちんと連携をとり地域の中での活動を重要視していきたいと考えています。

在宅医療や在宅緩和ケアに興味のある方、相談したい方は気軽にご連絡頂ければと思います。

 

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

病院→在宅への移行は中々スムーズにはいかないですね・・・・・

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

最近ですがやっぱり病院→在宅への移行って結構ハードルが高いのかなぁと改めて思う時がしばしばあります。

 

在宅緩和ケアを受けたい癌の患者さんがいたとしても

急性期病院→まずは緩和ケア病院や一般病院へ転院して

それらの病院→まずは入院して!その後は

体調悪くなったら→帰れない。

体調落ち着いたら→その病院の外来へ通院して→いよいよ体調悪くなったら即入院

っていう流れが一般的になりつつあるように思います。

 

結局患者さんや家族に在宅医療の選択肢があるっていうことを医療機関が伝えるというよりは、患者さんや家族が積極的に”自宅に帰りそこで医療を受けたい”っていう意思表示をしなければ、在宅医療の選択肢を提示されないまま時が流れそのまま最後は結局は病院に入院に・・・・という流れになってしまっている、と感じるのは自分だけでしょうか?

自分としてはまずは病院、っていう考えではなく、まずはファーストチョイスとして可能な限り在宅で過ごせるように医療を受ける、というのが一般的になっていった方が患者さん本位の医療ではないかと開業当初よりずっと思っていますが・・・・・まぁでも中々変わらないですよね。(それでも在宅医のハードルが高いならせめて訪問看護くらい使ってほしいなと思いますが・・・・)

 

愚痴っても仕方ないですが自分達にできることは目の前の患者さんを一人一人しっかりとみていくことのみ!地道に活動していきたいと思います。

札幌で在宅医療に興味のある患者さん家族や医療者の方は気軽にご連絡くださいね。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

 

癌終末期の患者さんの在宅緩和ケア、積極的に取り組んでいってます。

こんにちは、札幌の在宅医&在宅緩和ケア医@今井です。

 

あっという間に1年が過ぎ去っていきますね。みなみのクリニックもおかげさまでひとまず順調な滑り出しをみせていますが、本院である当院も毎日スタッフ一同全員での外来&在宅診療継続しています。

今年はがん患者さんだけでなく老衰などの患者さんも多く看取ってきたなぁと思いどの程度の人数になったのかを振り返ってみましたが、11月現在までに74人の患者さんをご自宅でお看取りしていました。

一人一人本当に色々な患者さんがいたなぁ、と名前をみるとよくそのことが思いだされますが、どの患者さんやご家族も概ね在宅で医療を受けられこと、家族と時間を過ごせたことに満足されていたと思います。

当院は札幌市中央区、西区を中心に在宅医療や在宅緩和ケアを積極的に行っています。院内は複数医師体制で訪問看護師やMSW、リハセラピスト、ケアマネもおりますので在宅医療や在宅緩和ケアに興味のある、もしくは相談だけでもしてみたいという方いましたら気軽にご連絡ください。

 

一人でも多くの患者さんに病院とは違った在宅医療の良さを知ってほしいと思い活動しています。また一緒に働いてみたい医療者も随時募集中!

医師、看護師、MSWの方ご連絡お待ちしています。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

深夜や早朝の往診、お看取りが続いています。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

9月の地震の影響で一時的に在宅に帰る患者さんが少なかったので10月初旬は比較的時間がありましたが、10月中旬から下旬にかけては自宅に帰ってくる患者さんが飛躍的に増えてきています。

その影響か最近になり自宅での看取り回数が多くなってきている印象です。この2,3日も夜間や早朝に看取りが続いており連日対応しています。

どの患者さんの家族からも

「病院とは全く違って落ち着いて過ごせていました」

「最後時間が限られている中でしたが家族で看ることができてよかったです」

「死とはどういうものか最期に教えてくれました」

などなど色々な感想をお聞きしています。

何がなんでも自宅で最期まで!と在宅原理主義になるつもりはないですが、やっぱり色んな患者さんや家族の言葉を聞いてきた経験からするとやっぱり自宅で最期まで過ごすことって患者さんにとっても家族にとっても非常に貴重な経験になるんだろうなぁってよく理解できますね。

 

札幌の中央区、西区で在宅医療や在宅緩和ケアを受けたい患者さんや家族の方、もしくは興味があるけれどどうしたらいいかわからなくて困っている方いましたら気軽にご連絡ください。いつでも対応致しますよ!

あと一緒に在宅医療の現場で働いてみたい医師や看護師、MSWも募集しています。こちらもいつでもご連絡ください。当院に入職した医療職の半数はまずは見学であったり気軽に連絡をくれてから、っていうところからスタートしている人が多いですので・・・連絡お待ちしています。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

自宅で看るのが不安ならばまずは1週間と決めて過ごしてみてはどうですか?

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

最近外来で2件程「家族を自宅につれて帰りたいけれど、帰った後本当にうまくやっていけるのか不安だ」との話をお聞きする機会がありました。

自分は在宅医療を提供する側で今までたくさんの患者さんをみてきたので、在宅医療でできることとできないことなどを詳しく知っていますので自宅に患者さんが帰ることにあんまり不安感はないのですが、御家族の方にとっては初めての経験・・・そう思われるのも当たり前かなと感じます。

そんな時には自分からは

「自宅で看るのが不安ならば、まずは1週間って決めて自宅に連れて帰ってきたらいかがですか?」

とお伝えしています。

 

ためしに1週間在宅サービスを利用して過ごしてみる・・・それで可能なら延長すればいいし、やはりつらいのであれば入院という選択もありでしょう。

最近の病院は(病院によりますが)患者さんや家族の希望をきちんと聞いてくれる病院が増えてきていますので主治医の先生や病棟看護師さん、MSWさんなどと話をしてみるといいんじゃないですかね、って話しをすると、大抵の御家族はまずは病院と相談してみます、っておっしゃられます。

 

 

在宅に患者さんを連れ帰る時に患者さんや家族に必要なことは、ちょっとだけ医療者が背中を後押ししてあげること・・・・皆さんの周りでも自宅に連れ帰るのが不安な家族や患者さんがいたら是非少しだけでいいので応援してあげてくださいね。

当院はまだまだ在宅患者さんや在宅緩和ケアを必要としている患者さんを受け入れます。相談必要な方いましたら気軽にご連絡くださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

札幌での在宅医療や在宅緩和ケア、地域医療や総合診療に興味のある看護師さん、医師を募集しています。

こんにちは、札幌の在宅医&かかりつけ医@今井です。

 

開業して今年の10月で7年が経過。あっという間に時間は過ぎていきますね。自分が開業当初から診察させてもらっている在宅患者さんも多くの方は亡くなりカルテ番号が1桁~2桁の患者さんは5名のみとなりました。

この期間に当初はほぼ一人から開始した当院も医師が増え、訪問看護師やリハセラピストが一緒に働くようになり、医療機関や地域の医療機関との調整役としてMSWが加わり、さらに居宅介護支援事業所も開設しケアマネも在宅医療の現場で一緒に働けるようになりました。

より質の高い在宅医療や在宅緩和ケアを、札幌のこの地でチームで提供したいという自分の考えが少しずつ形になりつつありますが、まだまだ改善の余地はあります。

しかし何よりも札幌のこの地で在宅医療をしてみたいと考えている医師や看護師がいるのであれば、是非一緒に働き地域に貢献していきたいなと思っています。

 

在宅医療や在宅緩和ケア、訪問看護、地域に密着した外来や訪問診療などに興味のある医師がいましたら気軽に当院にご連絡ください。楽しく病院医療とは一味違った在宅医療をしていきませんか?待ってマース!

 

連絡先

募集担当:事務長 上林

連絡先:kanbayashi-s@40.115.152.204

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

難しい退院調整が続いていますが、在宅側は努力することは惜しみません。

こんにちは、札幌の在宅医&在宅緩和ケア医@今井です。

 

連日当院もみなみの診療所も新規の在宅医療が必要な患者さんを色んな事業所さんや病院さんから紹介して頂いています。

その中でもやっぱり終末期の患者さんに関しての退院調整は難しいところがありますね。

病院側と家族の話が中々まとまらなくて結局在宅に戻ってこなかったり、カンファに行ったけれど病状変化して帰って来れなかったり・・・・

ただ在宅医療側としては結局は帰って来れなかった患者さんであってもこれらの調整に協力することはすごい意味があることだと思っています。

病院側からは「せっかく色々動いてくれたのに帰すことができなくてごめんなさい」って言われますが、全く気にしていませんので大丈夫ですよ。こんな努力であれば何度でも退院カンファや調整のために動きたいと思っています。

見えないところでの努力はMSWを中心にしてクリニック一体となってこれからも継続していきたいと思います。家族と自宅で過ごしたい、っていう患者さんやご家族の気持ち、希望を一つでもたくさんかなえていきたいですね。

 

当院は在宅医療や在宅緩和ケアに興味のある医師、看護師さんをどんどん募集しています。札幌で在宅医療に興味のある医療職の方は是非ご連絡ください!!

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!