夜間・休日に病院に行きたくないから往診依頼??安易な保険診療の利用は結局は国民全員の負担になるのですが・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

以前にもブログでとりあげたことがあるファストドクターですが、読売で今回取り上げられていました。m3にもどうようの記事がでていたのでご紹介しますね。

休日・夜間の往診サービスに注目…「感染不安」で希望者増、かかりつけ医の負担軽減も期待

「新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、病院が診療時間外となる休日や夜間に、医師による往診サービスを提供する会社が注目を集めている。希望する患者に、近くの提携医療機関の医師を派遣する仕組みで、感染への不安から医療機関の受診をためらう患者らの受け皿になっている。 逼迫ひっぱく する医療現場の負担軽減にも役立つと期待されている。(安田信介、蛭川裕太)

■防護服も用意

今月9日午後10時前、東京都杉並区の民家前に1台の車が到着した。降りてきたのは往診サービス会社「ファストドクター」(東京)に登録する男性医師(29)たち。手早く防護服を身につけ、民家に入った。

連絡したのは住人の女性(39)で、この日夕方、娘(6)が38度台後半の熱を出した。男性医師の診察で解熱剤が処方され、翌日の往診でPCR検査を実施し、陰性とわかった。女性は「幼い娘を病院に連れて行くのは不安だった。診てもらえて安心した」と話した。

ファストドクターは2016年に設立された。休日や夜間にコールセンターで看護師らが往診の希望を受けつけ、必要な場合は、患者宅近くにある提携先の医療機関の医師が向かう。東京や大阪など8都府県でサービスを提供し、総合病院やクリニックなどに勤務する医師約900人が登録しているという。

以前は発熱した子どもや、病院まで移動手段がない高齢者らの受け皿になってきたが、今は発熱患者や感染を不安がる患者の要望が増加。実際に往診するのは要請の3割程度だが、1月の往診件数は前月より2割増の約5600件に上った。

診察内容はかかりつけ医と共有するほか、患者の状態をフォローして医療機関につなぐこともある。

設立者で代表の菊池亮医師(34)は「コロナで休日や夜間にかかりつけ医らが対応できない例が増えている。カバーしきれない部分を補っていきたい」と語る。

■需要急増

厚生労働省によると、往診は医療機関に所属する医師や、自宅を保健所に届け出た個人医師が実施できる。保険が適用される往診範囲は原則、医療機関などの半径16キロ以内で、これらの条件を守っていれば、往診を仲介するサービスは民間でも提供できる。

他の往診サービス提供会社でも感染拡大の影響で要請が増加している。

18年に川崎市で設立された「コールドクター」(20年に東京都に移転)では今年1月、東京、神奈川、愛知、福岡など5都県の対象エリアの相談件数が昨年12月より1割増の約2000件に上ったという。中原毅社長(33)は「患者の不安解消だけでなく、救急車利用の抑制にもつながっている」と話す。

19年に名古屋市で発足した「家来るドクター」でも昨秋より相談が5割ほど増えた。発起人の犬飼遼医師(36)によると、コロナで外来診療などが減り、患者を診る機会が少なくなった若手医師からの登録依頼も多くなっているという。

■質の確保を

自治体と連携する動きも出ている。

東京都板橋区は今月9日から、区内で自宅療養するコロナ患者の往診をファストドクターに委託している。区内の新規感染者は1月中旬に100人前後に急増。入院先が見つからないなどの理由で自宅で療養する感染者はピーク時に約300人に上った。

区予防対策課の担当者は「今の医療態勢だけで対応できない状況に備える必要がある。患者の不安解消や医療機関の負担軽減にもつながる」と説明する。

横浜市立大の安川文朗教授(医療経済学)は「子どもを持つ親や高齢者にとって、かかりつけ医の対応が難しい休日や夜間に診察を受けられる安心感は大きい。一方で、経験の乏しい医師が患者の期待に応えられないと、往診や在宅診療への信頼を損なう恐れがある。医師の質の確保が重要だ」としている。」

 

 

まぁ以前のブログで書いた通り、ファストドクターの診療には保険診療上の問題が常につきまといます。国はこのサービスを認めるなら休日夜間に関する往診の保険診療の定義を再度見直すべきだと思います。

現状では(おそらく)当初に定義した考えていた通院困難者に対して行う往診が拡大解釈されて、誰でもなんでも体調変化時には往診を受けられる、という医療サービスに変化してしまっています。

患者さんが利益をうけるんだからいいんじゃない?っていう人もいるかもしれませんが、夜間の外来診療であればコストは一人あたり5000円前後である診療が、往診対応であれば軽くその2倍~おおければ6倍程度のコストがかかることになります。その原資は我々国民の税金からでているんですよ、本当にいいのでしょうか???持続可能な体制なのでしょうか?

 

個人的には厚生省や管轄の国保や社保、医師会の意見を聞きたいですし、保険診療上どう考えているのか、きちんと声明を出すべきだと思います。皆さんはどう考えますか?

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 


在宅医が考えるファストドクターを取り巻く4つの問題点。

こんにちは、札幌の往診医@今井です。

いきなりですが結論から言うとファストドクターを取り巻く問題点は以下の4点があります。

1保険診療上の問題

2高額な医療費について

3往診に対しての間違った認識が広がる

4負担は結局国民の負担に・・・結局医療を、医療費を医師と患者が食い物としているだけでは?

以下自分の考えを書いていきますので興味ある方は一読ください。

ファストドクターってどんなサービス?

ツイッターで気になるツイートが流れてきました。

 

ということでものすごいリツイートといいねがついていますね。気になったんで他にも普通の人がこのサービスがどう思っているのかを検索してみました。

 

 

他にも色々あるんですが気になる人は他にもみてみてください。

どんなサービスか気になる方は当該クリニックのHPを参照してください。

気になる料金はこんな感じだそうです。

さてこのクリニックの診療、皆さんはどう考えるでしょうか?おそらくほとんどの方が「この制度いいね!」って思うに違いありません。

ただこのクリニックでのファストドクターでの診療、保険診療上、社会保障上は大きな問題を含んでいます。以下にその問題を挙げていきましょう。

ファストドクターが抱える4つの問題点

1保険診療上の問題

まずはこの問題からとりあげましょう。HPにある通り大人の場合は3割負担で4950円~となっています。これは3割負担でこの値段ですので保険上は点数が1650点~となっているはずです。

保険点数1650点~の内訳がどうなっているかというと、おそらくですが

初診料+往診料+処方箋料+往診料夜間加算 でしょうね。

点数ですが

270点+720点+68点+650点 =1708点

みたいなベースとなっているのでしょう。

この点数算定ですが保険診療上大きな問題があります。往診料の夜間加算ですが、基本的には緊急を要する疾患の場合にだけ算定することが可能であり軽症の場合は算定できないのです。(ちなみに重症とは急性腹症、急性呼吸不全、脳梗塞、心筋梗塞などの場合を指します)

なのでHPのこの料金設定をみるだけでも「保険診療上アウトじゃないかな」ってわかっている人はわかるかと思います。

なので本来であれば風邪や発熱、捻挫などでは算定できない医療行為についても夜間加算などの算定をしている可能性が高くこれは保険医としては違法行為となりますね。

 

多分この値段は夜間加算よりさらに高い深夜加算とか算定したんじゃないですかね。

自分は普段癌の末期の患者さんや脳梗塞後遺症の患者さん、COPD末期の患者さんなども診療していますがそれでも夜間や深夜に往診した場合これらの加算を算定しないこともあります。それは保険診療上の定義から外れているからです。

こんな保険診療に反した形の保険請求を認めているのはやはり問題であると感じます。

2高額な医療費について

上記のように通常の大人であれば1700点~、つまり17000円以上の医療費がかかることになります。深夜ならさらに高く2300点~となります!(加算をとるのであればですが・・・)

これが外来受診した場合はどうか?おそらくはトータルで500~高くても700点程度、5000~7000円程度で医療費としては1/3程度で済みます。

本当にファストドクターを利用している方は通常の外来の3倍の医療費をかけてまで夜間や深夜に対応すべき病状なのでしょうか?

日中にかかれないから、便利だから、熱がでて心配だから等々・・・・確かに往診で対応すべき病状もあるでしょう。ただ自分がこれまで在宅医療に関わってきた経験を元にすると、正直

外来に来れないほどの熱発や体調不良が若年者で起きた場合は大抵入院するくらいの病状である

っていうのがほとんどだと思います。(高齢者はまた別ですよ)

ファストドクターを利用している人の多くは本来は日中や夜間救急に行くべきなのです。確かに中にはどうしても夜間に状態悪化して動けない人もいるかも知れません。そういう人が往診を利用することはいいことだと思います。実際自分も札幌でしていますし・・・ただ上記のような高い点数を算定することなく通常の通りの保険請求で対応すべきなんです。無駄に高いコストをかけて夜間や深夜に対応すべきでない医療を行っていることは問題だと思います。

3往診に対しての間違った認識が広がる

往診っていうのは基本的には通院できない状態の患者さんに対しての診療行為であり、これる患者さんは来てもらうっていうのが基本的な保険診療上の考えです。

往診がこれまで一般的でなかったので普通の方は往診=医者が来てくれるいいサービス、みたいな認識かも知れませんが、基本的には通院ができる患者さんは対象としてはいけません!!

頼めばどんな病態でも往診してもらえる、なんでも医師を呼べば来てくれるっている悪しき認識が広がることは今後の在宅医療の普及や地域包括ケア、何よりこういう医療を受けた人が高齢者になる将来の事も考えても絶対良くないことだと個人的には考えます。

4負担は結局国民の負担に・・・結局医療を、医療費を医師と患者が食い物としているだけでは?

結局はこのファストドクターって

○クリニック=軽症患者さんを5分でみて高額報酬→やった~

○患者さん=夜間や土日に病院に行きたくない、待つのがいやだ→来てくれるならとにかくいいや

っていうWIN-WINの関係で利用が拡大されているのが現状ではないでしょうか?

「医師が来てくれる素晴らしいサービスだから難癖つけるなよ」とかって言う人もいるかも知れませんが、結局はかかっている高コストの医療費は国民全員で負担していることになるんです・・・・

限られた社会保障費をどう使っていくべきなのか、高齢者医療はどうあるべきなのかを本当に真剣に考えて行かなければいけないこの時代に、便利だから、医師も患者も両者とも幸せだからっていう理由だけで無駄に医療費を使うのは個人的には絶対に看過することはできません。

画期的なシステム!!とかこんなサービス今までなかった!!とかって賞賛の声を聴きますがそれはそうですよね。だって真面目に保険診療していたらアウトだって普通は考えますもん・・・・

医療を、医療費を、社会保障制度を、個人が便利だからというだけで食い物にしていいいのでしょうか?結局は保険料の負担として自分で自分の首を絞めているだけではないでしょうか?”社会的課題を解決するプラットフォーム”とかって持て囃されていますが本当にそうでしょうか??自分はその見方には懐疑的ですね。

 

皆さんのご意見はいかがですか?よければご意見くださいね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!