在宅医療の現場では「常識を疑う」ことが重要。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

在宅医療の現場って個々の人の生活によって大きく状況が変わるので、個別性の高い医療やコミュニケーションが求められます。

在宅医療をする上で一番大事なのってなんですか?と聞かれるとコミュニケーションスキルだとは思いますが、それ以外にも自分は「常識を疑う」ことが重要だと思っていますよ。

食事は減塩食で、薬は1日3回服用して、規則正しい生活を、できるだけ歩くように、等々・・・・耳障りのいい「常識的な」フレーズって皆さんきっとたくさん聞いたことあると思いますが、本当にそうなんでしょうか?

常識って言葉、その言葉を聞くと皆さん本当に思考停止してあるがままでその言葉をうけいれていませんか?あぁ、それって常識なんだ、って・・

 

個別性の高い在宅医療の現場では、一般的に常識と言われていることやものであっても、自分は立ち止まって「本当にそれってこの患者さんにあてはめていいの?」と自問自答すべきだと思います。意外と常識と言われているものが患者さんや家族に合わないことってあるはずだと思います。常識ではないけれどもっといい方法や解決策があったこと、たくさんありましたし、自分は何も考えずに一般論を盾に患者さんや家族に医療や介護を説明している看護師さんやケアマネさんはプロだとは思えません。最適化してこそ在宅医療のプロフェッショナルだと信じています。

 

在宅医療の現場では常識を疑うべき!!って思っています。常識って言葉で思考停止して「それが普通なんだから」っていう言葉を使い、一般的すぎる医療やケアを患者さんや家族に提供することは慎むべきだと考えています。皆さんもそう思いませんか?

 

 

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始しました!!入居希望の方は→こちらのHPこちらをどうぞ!

またHARELU宮の森で夜勤勤務ができる看護師さんも募集しています!→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!

2021年以前の過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!