医療においてもB to B企業がエンドユーザーを意識しているかが極めて重要ですね!!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

病院とは比較にならないですが、当院のような中規模のクリニックレベルでもそれなりの数の会社さんとお付き合いしながら患者さんに医療を提供しています。

在宅酸素や呼吸器管理の業者さん、医療用の物品の業者さん、薬の卸さん、CTそのほか医療機器の業者さん、などなど・・・・もちろんどの分野も1社さんのみの付き合いということはなくて、複数の業者さんと取引しながら患者さんにとってベストな医療を提供できるように協力を要請しています。

 

基本的には上記会社さんは当院と取引を行い、その上で患者さんに物品であったり必要な機器であったりを提供するため(B to Cという面もありますが)B to B の側面が強い業者さんです。当院や担当医師の考えに沿ってある程度動いてもらう、という感じですね。

ただこれらの業者さんでも実際患者さんに対応するときには大きな差があるのが実情です。それはB to Bである当院のオーダーのみを絶対的と考えそれを至上として行動しているか、それともその機器や物品のエンドユーザーである患者さんが何を求めているのかまで考えて、必要があれば当院のオーダーにさらにプラスアルファをして行動するか、ということです。

自分としては結局は患者さんのために諸々行動しているので、もっといい機器があったり、もっといいサービスが提供できたりするのであれば絶対そっちの方がいいので、単に言われたことをするだけではなく医療のエンドユーザである患者さんのメリットになることは何か?クリニックからのこのオーダーの意味は何で患者さんが何を困ってこういう結論になったのか?までを考えて行動してくれる企業さんが増えてくれるとありがたいのですが・・・・まぁ現実にはそう考えてくれる業者さんはそう多くないのが実情です。

 

ここの部分は担当者さんの質であったりしても大きく変わるので一概にその企業さんは・・・と言えないところですが、医療においてもB to B企業がエンドユーザーを意識しているかが極めて重要なのは他の分野と大きく変わりないですね。そんな意識をもって活動してくれる企業さんとは末永くお互いを尊重しながらお付き合いしていきたいと思っていますよ~

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始しました!!入居希望の方は→こちらのHPこちらをどうぞ!

2021年以前の過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!