変わらなければいけない事、変わってはいけない事

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

平成最後の1日も令和の最初の1日も、どちらも変わらず外来診療と在宅医療を継続しています。当院は(というか自分は)札幌は宮の森で地域のかかりつけ診療所として長く活動していきたいと考えており、年中無休の外来診療や在宅医療は、当院ができる地域への一番の貢献かな、と思っています。

さて新しい令和の時代が幕開けしましたがこれからの新しい社会保障の制度はどうなっていくのでしょうか?おそらくは更なる少子高齢化の進展と、在宅医療へのより一層のシフト、予防医療の徹底による健康な人生100年計画、などを求める流れになりそうですね。

 

当院は在宅医療専門の診療所として活動を始め2017年からはかかりつけ医としての外来診療も開始しました。診療所でする医療、提供すべき医療はどんどん変わっていきますので、時代の流れにあわせて地域に必要なことはなんでも取り組んでいきたいと思っています。(今月からかかりつけ診療所には必須と考えている小児科も始めますし・・・)

予防医療に注力することも必要でしょうし、場合によってはショートステイや医療ニーズにこたえるための住宅の整備などもしなければいけないかも知れません。時代時代に併せてどんどん診療所が変わっていきたい、変わらなければいけないかなと考えています。

 

ただその一方で変わらない事、変わってはいけない事もあると考えています。自分が考える当院が変わってはいけないことは

①あくまで患者さん目線で診療をすること

②地域に密着した、生活に根差した医療活動をすること

③できるだけ診療は休まないこと

④多職種のチームで医療を提供すること

でしょうか。ここはコアな部分としていつまでも大事にしていきたいと確信しています。

人生短いので令和の時代も駆け抜けて楽しんでいきたいですね!!!!

 

皆さんの中では新しい時代に変わらなければいけない事、変わってはいけない事って何かありますか?よければ教えてくださいね。

 

*訪問看護師してみたい看護師さん継続して募集しています。地域での活動や在宅医療、在宅緩和ケアに興味ある方是非ご連絡ください。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!