訪問看護

当院では癌の末期の方の在宅でのケアを積極的に行っています。今月は8人の方を自宅で看取らせて頂きました。でも実は癌の患者さん(癌に限らなくても)を自宅で見ていくときに医師ができることはけっこう限られています。医師が訪問診療するまでの間、患者さんの実際のケアをしたり必要な下剤の調整や保清、介護保険の調整などを行ってくれるのは訪問看護師さんになります。なので一番最初に患者さんのちょびっとした状態変化に気づくのは看護師さんということが多いです。

訪問看護師さんは在宅医の目であり耳であり手であり、患者さんのケアをしていくうえでとっても大事な存在ですね。札幌でも訪問看護師として働く看護師さんがもっと増えてくれればいいんですが・・・・と思う今日この頃でした。