【2018年】当院の活動を数字で振り返る

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

正月早々ですが外来普通通りにこなしています。

診療所の医師となると普通は土日休みなんでしょ?って皆さん思うかも知れませんが、自分は診療所勤務であっても病院の勤務医と同じ様に、医療はやはり365日体制で地域の患者さんに提供されるべきだと個人的に信じているため本日も診療です。

まぁ古臭い考えですが医師は24時間365日医師でしょ?っていうことですよね。(もちろん当院の医師や看護師さんには全く強要しませんし、それとは真逆のシステムをつくり、運用するように努力していますよ~)

さて今回は表題の如く2018年の当院の在宅部門の活動を数字で振り返ってみたいと思いますよ。興味ある方どうぞ一読してみてください。

関連記事

【2018年】当院の訪問診療の上半期の活動を数字で振り返る

【2017年】当院の活動を数字で振り返る

【2016年】当院の活動を数字で振り返る

定期訪問診療

2018年:7971件

2017年:7548件

2016年:6763件

今年は訪問件数の伸びは微増でした。夏頃に「年末は8000件くらいだと思う」と予想していた通りの数字で自分の読みが的中しています。

要因としては①南のクリニックに患者さんをある程度連れて行ってもらったこと②9月の震災の影響で何日か診察ができなかった&新患の流れが1か月程途絶えたこと、があるのかなと分析しています。

来年度は初の8000件越えなるのは確実だとは思いますが、どこまで伸びるでしょうかね~・・・とても楽しみです。

往診

2018年:642件

2017年:531件

2016年:663件

往診件数は読みが690件程度であったのですが若干下方修正です。これは特に夏以降しばらく安定した患者さんが増えたことが一因でしょうか。

まぁ往診しなくていいのは医師にも患者さんにとってもいいことなのでよかったのかなと思います。

時間外往診(夜間、深夜、日祝)

2018年:230件

2017年:221件

2016年:133件

こちらもそれほど2017年と比べても極端な増加はないですね。ほぼ横ばいです。

退院時カンファレンス

2018年:107件

2017年:100件

2016年:92件

カンファレンスは結構積極的に行っていて、退院時カンファはもちろんのことこの数字として算定されない外来カンファや担当者会議などにもMSWが中心となって参加しています。来年はもっとたくさんのカンファレンスに参加したいですね~

自宅看取り

2018年:86人

2017年:93人

2016年:72人

これまであまり看取り人数が減ることはなかったのです2018年は看取り患者さんが減りました。市内でも癌専門の在宅診療所などができていることもありその影響でしょうか・・・・まぁ当院としてはできることを淡々と、患者さん視点で行っていくだけですので結果として自宅看取りを希望する患者さんが増えてくれればいいのかなと考えています。

当院の職員数

2018年:51人?くらい

2017年:42人

2016年:33人

南の診療所に7人程異動していますので法人全体でみたら60人弱となっています。16年のほぼ倍の規模になってきているんですね・・・・そりゃ診療所もスペースがなくなってくる訳ですね!(^^)!

来年は新たに来る医師が3人決まっていますしそれに併せて他のスタッフも増員するとなると職員法人全体で80人超えてきそうだなぁ・・・・建物本当にどうしようかな??

ということで簡単ですが当院がこのくらい活動していますよ~、っていう数字、挙げてみました。数が全てではないですが、数をこなさないと見えてこない世界があるのはどの世界でも同じではないでしょうか?当院は全力で札幌での在宅医療の普及、在宅緩和ケアの実践に力をいれていきますよ。

当院の活動に興味のある患者さん、医師や看護師、ケアマネ、MSWなどの医療者の方いましたら気軽にご連絡くださいね。お待ちしています。

【2018年】当院の訪問診療の上半期の活動を数字で振り返る

こんにちは、札幌で在宅医療、在宅緩和ケア、かかりつけ外来を行っている医師@今井です。

2018年もあっという間にもう折り返し地点になりました。ということでこの半年の間にどの程度の活動をしてきたのか、在宅医療の部門だけでも振り返ってみたいと思います。過去2年の分も比較で乗せてみたいと思います。

興味ある方ぱらっとみて、在宅のクリニックってこんな感じのアクティビティなんだ~って頭の片隅にでも覚えておいてくださいね~

~関連記事~

【2017年】当院の活動を数字で振り返る

【2016年】当院の活動を数字で振り返る

 

定期訪問診療

2018年現在:4020件

2017年:7548件

2016年:6763件

今年も件数が増えそうですね。

ただおそらく下半期はみなみクリニックの開業もあり和田先生がいなくなる&患者さんをつれていくので下半期では訪問件数は横ばい~減少かなと考えています。

医師が大体5。5人体制くらい、一人当たり750回訪問。月で割ると120回程度の定期訪問となります。ひと月20日とすると1日の定期訪問件数は医師一人当たり大体6件となりますね。

まあ定期の訪問は諸々考えると年末にはおそらく8000件程度の回数で落ち着くのではないかと予想しています。

往診

2018年現在:345件

2017年:531件

2016年:663件

往診回数は2018年はこのままいけば単純に×2で考えると690件程度となることが見込まれています。

増加している原因はおそらく2つあって

①診療している患者さんが、往診がより必要になる病状である割合が増えている

②外来からの往診が増えている

のが原因なんじゃないかなと考えています。当院は初診の方からどんどん往診していますのでこの件数は下半期も増えそうな予感・・・

 

時間外往診(夜間、深夜、土日)

2018年現在:130件

2017年:221件

2016年:133件

こちらも順調に増えています。2年前の倍の件数となっていますね。これも上述のとおりの理由があるのかなと思っています。

月にならすと大体20回程度の休日や夜間、深夜の往診にでている形になりますが不思議と負担感はそんなにありません。皆で当番回しているからでしょうかね~。

退院時カンファレンス

2018年現在:70件

2017年:100件

2016年:92件

カンファレンスの回数も増加していますね。これは

①病院側が積極的にカンファを開催してくれるようになった

②カンファレンスが必要な患者さんの紹介の増加

③当院のMSWの活動が周知されてきている

っていうのが理由かなと考えられます。下半期もおそらく継続してこのまま活動していくので年間のカンファレンスは140回程度になるのではないかなと思われます。

自宅看取り

2018年現在:50人

2017年:93人

2016年:72人

こちらも徐々にですが増加傾向です。自宅看取りは素晴らしいですが現実的には入院した方がいいっていう患者さんや家族の方もいらっしゃいます。

連携病院や入院先で亡くなった方は大体ですが20人程度おられます。都度適切な場所でケアをして希望をかなえていくのは続けていきたいですね。

下半期はどの程度の患者さんを自宅でお看取りすることになるでしょうか・・・

当院の職員数

2018年現在:52人

2017年:42人

2016年:33人

みなみの診療所の職員やステーションの人数の増加、外来看護の充実などで職員数は年々増加傾向ですね。おそらく下半期はそんなに多くはならないでしょうが、既に医師が二人来ることも決まっているのでそれにあわせてさらに事務や看護師さん増えそう・・・・

昨日の壮行会もそうですが、気の合う仲間がどんどん増えるのは本当にありがたいですし楽しいですね!!

 

ということで簡単に当院の在宅部門の数字、2018年の上半期分を振り返ってみましたよ。他に何か知りたい情報あるようであれば気軽に連絡くださいね~・・・

 

 

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

「在宅療養支援診療所の開業、経営、運営の教科書」書いてます→こちらをどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【2017年】当院の活動を数字で振り返る

家族へのクリスマスプレゼントそろそろ考えないといけませんね・・・

 

こんにちは、昨年の今時期何かいていたかなぁと振り返ってみたら当院の活動1年を数字で振り返るって内容でした。

というわけで今日のブログも昨年同様の内容で今年1年を数字で振り返ってみたいと思います。(ひとまず在宅部門のみです)

ちなみに昨年の内容は定期訪問が6763回、通常の往診が663回、夜間などの時間外往診が133回、退院時カンファ92回、看取りが72人、職員数が33人との報告となっていました。

①7548回

1月から今までの定期の訪問診療の延べ回数です。昨年から1000件くらい増えていますね。

②531回

今日までの年間の往診回数です。往診回数が昨年から減ったのは定期訪問を充実させたため?患者さん側の要因?統計の問題?うーん、まあ日頃の診療が良くて呼ばれなくなったと思いましょう。(・・・と思ったら夜間や緊急往診がその分増えていましたね)

③221回

今日までの夜間、深夜、休日往診回数です。昨年より増えていますね。単純な往診は減っていますがこっちはまあ仕方ないんでしょうかね。

④100回

退院時カンファレンスの回数です。あと10件くらいは今年増えるでしょうかね。

⑤93人

看取った患者さんです。今年は1月だけでも15人看取っていました・・・来年の1月はどうなるでしょうかね。来年度もがん患者さんも非がん患者さんでも在宅での緩和ケア、頑張っていきたいと思います。

⑥42人

当院の職員数です。徐々に毎年一緒に仕事できる仲間が増えて有り難いばかりです。

 

最後にこの数字わかる人いるでしょうか?

370回

実は調べてみたらブログの更新した回数なんです・・・・うーん、内容としては薄いけれど継続したできたのは結構頑張りましたね。来年度も在宅医療や札幌の医療状況、宮の森近辺の状況などで気になることを適宜取り上げていきたいと思います。

 

さて本日の気になる医療記事はこちらです。

札幌市、サ高住の戸数 全国1位 高齢者の転入超過 背景に

札幌市内のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の戸数は全国の都市で最も多い。現時点では217棟1万638戸あり、東京23区部の7394戸や大阪市の7342戸を大きく上回る。背景には医療機関が充実している札幌へ道内から高齢者が集中している現状がある。

サ高住に入居するのは主に自立して生活できる高齢者。バリアフリーが施され、安否確認や生活相談などのサービスも付いているため万が一の時に安心で、子供と・・・・・・・・・・

 

これまでのブログで札幌への人口集中や自宅へ在宅復帰する患者さんが減っているなど取り上げてきましたが、背景にはこれだけ充実(質的な意味ではなく数の上ですが)しているサ高住環境があるのが原因かも知れませんね。

介護施設や住宅系の淘汰、札幌市内ではこれから数年で加速していくと思います。皆さん間違っても破産や破綻する施設には入居しないようにお気をつけてくださいね・・・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加

【2016年】当院の活動を数字で振り返る

気づいたら既に22日なんですね・・・・12月はアッという間に終わりそうです。

 

こんにちは、今日はこの1年の当院の活動等を数字で振り返ってみたいと思います。手元にある数字ですので多少の誤差はあるかも知れませんがどの程度の活動しているんだろうかなって参考になればと思います。

①6763回:1月から今までの定期の訪問診療の延べ回数です。おそらく月末までにはあと100くらい増えると思います。6850÷12で月平均大体570回の訪問をしていることになると思います。直近3カ月では610~650くらいで推移しています。

②663回:今日までの年間の往診回数です。月平均55回程度です。

③133回:今日までの夜間、深夜、休日往診回数です。月平均大体10回程度です。こうしてみると結構ありますね。

④92回:退院時カンファレンスの回数です。毎月8件くらいはしていることになります。ほぼ3日に1回のペースです。

⑤72人:看取った患者さんです。平均月6人くらいとなると思います。

⑥33人:唐突ですが当院の職員数です、非常勤も併せ医師7名、診療同行看護師5名、SW3名、事務8名、訪問看護師6名、リハビリ2名、介護支援専門員2名となっています。

⑦4人目:の子供が生まれました・・・・・・・(少子高齢化へのささやかな抵抗です)

 

来年はさらに在宅と外来と、パワーアップして活動していきたいと思いますので宜しくお願いします。(医師の募集は継続して行っていますので在宅医療に興味ある方いましたらご連絡ください)

さて本日の医療ニュースはこちら、社会保険審議会での内容です。30年度の診療報酬改定に向けての議論のおおまかな論点がでましたので確認してみてください。

中央社会保険医療協議会 総会(第342回) 議事次第 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000146035.html より ○平成30年度診療報酬改定に向けた検討項目と進め方について http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000146536.pdf から

1a

2a

3a

 

さて午後も大雪ですが頑張りましょー