【2018年】当院の活動を数字で振り返る

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

正月早々ですが外来普通通りにこなしています。

診療所の医師となると普通は土日休みなんでしょ?って皆さん思うかも知れませんが、自分は診療所勤務であっても病院の勤務医と同じ様に、医療はやはり365日体制で地域の患者さんに提供されるべきだと個人的に信じているため本日も診療です。

まぁ古臭い考えですが医師は24時間365日医師でしょ?っていうことですよね。(もちろん当院の医師や看護師さんには全く強要しませんし、それとは真逆のシステムをつくり、運用するように努力していますよ~)

さて今回は表題の如く2018年の当院の在宅部門の活動を数字で振り返ってみたいと思いますよ。興味ある方どうぞ一読してみてください。

関連記事

【2018年】当院の訪問診療の上半期の活動を数字で振り返る

【2017年】当院の活動を数字で振り返る

【2016年】当院の活動を数字で振り返る

定期訪問診療

2018年:7971件

2017年:7548件

2016年:6763件

今年は訪問件数の伸びは微増でした。夏頃に「年末は8000件くらいだと思う」と予想していた通りの数字で自分の読みが的中しています。

要因としては①南のクリニックに患者さんをある程度連れて行ってもらったこと②9月の震災の影響で何日か診察ができなかった&新患の流れが1か月程途絶えたこと、があるのかなと分析しています。

来年度は初の8000件越えなるのは確実だとは思いますが、どこまで伸びるでしょうかね~・・・とても楽しみです。

往診

2018年:642件

2017年:531件

2016年:663件

往診件数は読みが690件程度であったのですが若干下方修正です。これは特に夏以降しばらく安定した患者さんが増えたことが一因でしょうか。

まぁ往診しなくていいのは医師にも患者さんにとってもいいことなのでよかったのかなと思います。

時間外往診(夜間、深夜、日祝)

2018年:230件

2017年:221件

2016年:133件

こちらもそれほど2017年と比べても極端な増加はないですね。ほぼ横ばいです。

退院時カンファレンス

2018年:107件

2017年:100件

2016年:92件

カンファレンスは結構積極的に行っていて、退院時カンファはもちろんのことこの数字として算定されない外来カンファや担当者会議などにもMSWが中心となって参加しています。来年はもっとたくさんのカンファレンスに参加したいですね~

自宅看取り

2018年:86人

2017年:93人

2016年:72人

これまであまり看取り人数が減ることはなかったのです2018年は看取り患者さんが減りました。市内でも癌専門の在宅診療所などができていることもありその影響でしょうか・・・・まぁ当院としてはできることを淡々と、患者さん視点で行っていくだけですので結果として自宅看取りを希望する患者さんが増えてくれればいいのかなと考えています。

当院の職員数

2018年:51人?くらい

2017年:42人

2016年:33人

南の診療所に7人程異動していますので法人全体でみたら60人弱となっています。16年のほぼ倍の規模になってきているんですね・・・・そりゃ診療所もスペースがなくなってくる訳ですね!(^^)!

来年は新たに来る医師が3人決まっていますしそれに併せて他のスタッフも増員するとなると職員法人全体で80人超えてきそうだなぁ・・・・建物本当にどうしようかな??

ということで簡単ですが当院がこのくらい活動していますよ~、っていう数字、挙げてみました。数が全てではないですが、数をこなさないと見えてこない世界があるのはどの世界でも同じではないでしょうか?当院は全力で札幌での在宅医療の普及、在宅緩和ケアの実践に力をいれていきますよ。

当院の活動に興味のある患者さん、医師や看護師、ケアマネ、MSWなどの医療者の方いましたら気軽にご連絡くださいね。お待ちしています。

在宅医が診療に来るということ=救急搬送を減らすこと

こんにちは、札幌の在宅医&在宅緩和ケア医@今井です。

 

そろそろ年末になってきましたので今年1年の診療活動を数字で追っていましたがやっぱり結構な数で緊急での往診対応していました。

夜間、深夜、休日での往診の回数のみをカウントしてみましたが、2018年1月~12月の今日までで合計234回の時間外往診対応をしていました。

それ以外にも通常の往診対応も併せるとトータルの往診回数は診療所全体で800回以上になります。

まぁ2回に1回は救急搬送された患者さんを搬送しないで対応できたと漠然と考えると、救急隊の皆さんの負担を少しは減らせたのではないかと考えています。(ちなみに医療経済的には救急隊が1回出動することによるかかる費用は大体5万円くらいと言われているようですので、おおまかに400×5万=2000万くらいは救急費用削減に貢献していると思います。あとは隊員の方の人的消耗を防いでいますよね。こっちの方が大きいでしょうか)

 

ただこれだけ往診対応している当院ですが、全く当院に連絡なく搬送される方もどうしてもいます。

病院の先生方は「きちんと在宅で診ているはずなんだから絶対往診してから連絡してくれ!!」っておっしゃいますし、その言っていることは十二分によく理解できますが(多分逆で自分が病院で患者受ける医師ならそう思うでしょう)病院と違い在宅の患者さんは医療機関では100%コントロールすることはできないんです!!

何回言ってもやっぱりパニックになって救急隊呼んでしまう患者さんもいますし、施設によってはあらかじめコールの手順を決めていてもその時の介護士さんによっては手順すっ飛ばして救急コールしてしまうこともあるし・・・うーん、どうしても当院のような患者さんの総数が多い診療所ではそのようにして搬送される患者さんも一定数出て来てしまうのが現状です。

 

 

ということで何が言いたいかというと、在宅医は無駄な救急搬送をなくすためにできる限り努力していますが、どうしても何も連絡なく病院に搬送された場合は遠慮なく当院の時間外の携帯電話にご連絡頂きたいと思います。

病院の先生に迷惑かけたくはないですが、そこのところはどうぞよろしくお願いします・・・・・

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

 

インフルエンザワクチンはもうすこしだけ在庫があります。希望者は早めにご連絡を!

こんにちは、さっぽろのかかりつけ医@今井です。

 

ぼちぼち外来でもインフルエンザの患者さんを診察することが多くなってきました。高齢者の方は40度近い熱がでるとあっという間に動けなくなるので場合によっては往診対応もしていますが、可能であればやっぱり外来に来て頂いて診察はしたいですね。

実はインフルではなく肺炎であった、っていう患者さんも実際いて外来で点滴加療継続してもいます。

 

まずは予防のためにインフルエンザのワクチンはしておきましょう。まだ在庫少しだけありますので必要な方は外来までお電話ください。お待ちしています。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイサービスへの往診は認めるべき!?個人的にはありだと考えます。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

表題の如くやっぱりデイサービス利用中の在宅患者さんの対応って往診ができないことですごい難しくなりますね。

デイで嘔吐や熱発→往診できるならしたいけど制度上ダメ→自宅に帰る→その後に対応、場合によりそこから入院先を探す・・・

っていうことになるとデイ事業者、訪問医、家族、入院先、誰にとっても全くメリットのない形となってしまいます。こんなことが最近続いていますね。

 

往診医としては「デイには制度上往診できないんですよ~」って家族にも事業所にも言って上記のような対応を原則しているんですが、やっぱりこれは無駄が多すぎる!

確かにデイは生活、療養の場ではないから往診は駄目、っていう国の方針もわかりますが、もうこれだけデイサービスが在宅患者さんや家族の生活の一部に組み込まれてしまっている現状を鑑みると制度自体を時代に即した形に変えて行かなければいけないのではないかなと個人的には思ってしまいますが・・・・

患者さんや家族、さらにはデイの事業者や医療者にもよいと思える制度設計となってしかるべきですよね。誰か同じ意見の方いないでしょうか??皆さんはどう考えますか?よければご意見くださいね。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

11月14日に健康教室行います。今回は今月19日から開始する皮膚科の外来診療についてのご案内ですよ!

こんにちは、札幌のかかりつけ医@今井です。

11月14日に健康教室を行います。今回は19日から開始する皮膚科診療について皮膚科医の山田先生からお話ししてもらおうと思います。

診療開始は11月19日からで外来は午後2時から5時までで考えています。午前中は在宅の方で皮膚科往診していますので外来の診療時間は少し短いですが、その代りクリニックにこれない患者さんへの対応も行っていますので通院が困難な方は是非ご連絡ください。

 

という訳で当院の皮膚科診療に興味のある方是非ご参加お待ちしています。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

 

インフルエンザで動けない→往診対応しています。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

高齢者の方で何とか通院できている方でも体調崩した場合あっという間に動けなくなる事、よく経験しています。

この季節はデイに通所したときにインフルエンザに罹患→帰宅後に39度の熱発して動けないからきてくれませんか?との往診依頼がちらほらでてくるようになってきました。

インフルチェックして陽性ならラピアクタの点滴、その後数日は外来看護師さんによる自宅での補液や保清などを行い入院しなくても大丈夫なように治療行っています。

 

定期の訪問診療受けていない人でもある程度なら往診対応していますのでどうしても動けない病状の方いましたら気軽にご連絡くださいね。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

終末期の緊急往診加算が査定・・・いい加減保険者の気ままな査定はやめてくれませんか?【怒ってます】

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

月頭から診療はいつも通りに継続し、さらに色々ヘビーな患者さんの相談にもMSWとともに対応しています。そんな中で医療事務さんが頑張って対応してくれているレセプトの提出の仕事ですが、10日の締切にむけて最大限努力しているのはどの医療機関でも同じなのではないでしょうか?

そんな中過去提出したレセプトで「これダメでしょ」っていうレセプトが減点されたり戻ってきたりしていますが、その中でどうしても理解できない返戻がありました。

それは2018年の診療報酬の改定で終末期の患者さんへの往診について緊急往診加算がつくようになったのですが、それが先月分から急に査定されるようになっているのです。

↓ちなみに過去に簡単にブログでも書いていましたので興味ある方どうぞ

関連いつからが終末期となるのか?【2018年診療報酬改定、緊急往診の加算について考える】

二人とも癌終末期の患者さんであったりして病院から帰ってきて対応しているのですが、往診自体は査定されないけれど緊急往診加算のみ査定されている状態・・・・国保に連絡してみましたが担当者不在のため本日再度連絡することとなりました。

 

 

当院の国保連合会の事務担当の方は○○さんとおっしゃるのですが、おそらくは

「診療報酬上は問題ないと思うのですが、査定医が判定したものなので事務方では対応不可能です。なので書類をそちらでつくって提出してください。」

という返答になるのは明らかかなぁと考えています。

これまでも同様の事が何度かありましたが、札幌の国保連合の査定医の先生は質が低いのではないかと思います。どう考えても理不尽な査定が多くその対応をするのに事務員も、医師も、クリニック自体が無駄な労力を割かれてしまいます。本当にこの適当な、場当たり的な査定どうなってるんだろか・・・・

 

 

という訳で本日朝1でひとまず国保連合の担当者に電話、納得いかない返事であれば一度国保に直接出向いて話をしてこようと思います。経過についてまたわかり次第ぼちぼち書いてみたいと思います。

皆さんの地域でも同じ様な理不尽な査定ってありませんか?もしあったら教えてくださいね。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

 

札幌の中央区、西区で皮膚科医による往診をお探しの方、気軽にまずはご連絡ください。

こんにちは、札幌は宮の森のかかりつけ診療医&在宅医@今井です。

 

当院は中央区西区を中心に在宅医療、在宅緩和ケアを主体に診療を長年行ってきており現在は年中無休の外来診療と在宅医療の2本柱を主体として複数医師体制で診療を行っております。

内科医や総合診療医がメインに診療を行ってきておりましたが、今年の10月からは皮膚科医の先生がチームに加わり診療を開始しています。

 

中央区西区の患者さんで、皮膚疾患に難渋しているけれど通院が大変な方いましたら気軽にクリニックまでご連絡ください。日程調整の上訪問させて頂きます。

 

連絡先:011-611-0001

担当:外来事務

 

”困った時にはあのクリニックに行ってね、往診もしてくれるから”・・・・【こんな患者さん紹介は困ります】

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

年中無休の外来も初めてから1年がたちました。おかげ様で順調に来てくれる患者さんも増えてきています。

さらによくできる外来看護師さんや医療事務がサポートしてくれ、さらに自分にはない能力がある川端先生が一緒に仕事をしてくれているので快適に仕事をさせて頂いています。

外来&在宅医療、在宅緩和ケアを地域に根差した形で行うこと、それがこのクリニックのミッションだと自分では思っており日々外来も在宅も診療していますが・・・・・えぇ、そんな中困る患者さんの紹介がたまに目につくようになってきました。

これを紹介って言っていいのかどうかわからないのですが、とある癌疾患の治療中の患者さんで他院(Aクリニックとします)で治療継続している患者さん、そこのお医者さんから

「困った時はあそこのクリニックの先生に往診お願いしてね」

「土日もやっているし在宅もしているから大丈夫だよ」

っておっしゃっておられるようです。

先日そんな患者さんから週末に(当院は全く知らない、情報もない患者さんです)

「動けなくなってきたので往診して欲しい」

「Aクリニックの先生が当院に電話して言ったら来てくれるって言った」

とのことで外来に電話がありました。

土日は往診は原則していないこと、病状がシビアであるため治療経過がわからないと往診も難しいであろうことをお伝えし、まずは外来に来て頂いたのですが・・・・手紙もなく来院され、病状は即入院の状態、結局病院に紹介となりました。

 

突然何もなく患者さんこっちに投げられると当院も困りますし、やっぱり何より患者さんも可哀そうです・・・近いうちにこの先生の所にはご挨拶に伺って今後の診療の協力体制についてどうしていくのがいいのかを相談した方がいいかも知れませんね。

 

という訳で困った時には頼ってもらうのはありがたいのですが、病状として予測できる悪化があるのであれば早めに受診してもらわないともしかしたら受けたい医療はうけられないかも知れません。

事前に色々考えてもし将来在宅医療や在宅緩和ケアを受けたいのであれば、早めに当院への受診も検討してみてくださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 

 

皮膚科の先生の往診開始しました。中央区、西区で診療必要な方いましたら気軽にご連絡ください!

こんにちは、札幌は宮の森の在宅医&かかりつけ医@今井です。

 

これまで当院では訪問診療で困った難治性の皮膚病変ある患者さんに関しては中央区の豊水総合メディカルクリニックさんに診療をお願いしてきました。

ただどうしても情報の共有や対応などでは自院とは勝手が違いますし、何より患者さんの医療費の自己負担や不安感(他院Drが来ることへの)などの負担を考えても何とか自院でも対応できるようにしたいなぁと考えていた所です。

 

そう考えていた所今回9月に皮膚科の先生に入職して頂くことができました!1か月弱準備などをしていましたが今回ようやく皮膚科の往診の体制が整いましたので少しずつですが患者さんの診察をしていきたいと考えています。

中央区西区の患者さんで皮膚科の往診対応希望の方いましたらまずは当院外来011-611-0001までご連絡ください。お待ちしています。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!