”子宮頸がんワクチン”について

こんにちは、いまいホームケアクリニック 小児科の小杉です。

 

久しぶりの記事になりますが、

最近外来で問い合わせがあった ” 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン) ” についてです。

HPVワクチンがあることはご存知の方も多いと思いますが、正しい知識を持った方は少ないかもしれません。なるべく主観が入らないように、現状をお伝えできればと思います。

 

HPVワクチンは、子宮頚がんを予防する目的で2010年に公費助成が開始となり、2013年には予防接種法で定期接種に組み込まれ、接種数が急激に増加しました。

それに伴い、ワクチン接種後に全身の疼痛や失神、麻痺、視力低下、倦怠感、勉強ができなくなった、めまい、歩行困難、けいれんなど非常に多彩な症状が多数報告・報道され、被害者の会が設立されるなど社会的にも大きな話題を呼びました。

それを受けて当時の厚労省からは「積極的に接種を勧めることは差し控えましょう」という措置がとられました。推奨を控えるという対応のみで、定期接種からなくなった訳ではないので、現在も対象年齢では公費助成により無料で受けられるワクチンです。

 

その後の厚労省研究班の全国調査では、「HPVワクチン接種歴のない集団でも、接種者と同様の多彩な症状を呈するものが一定数存在する」としています。つまり、ワクチン接種によって症状を訴える人が増えたとは言えないのではないか、ということです。ワクチンの副反応とされた症例の中に、他の原因による紛れ込みがある可能性もあります。

世界的に見ても、重篤な有害事象のリスクは全ての年齢群でHPVワクチン群とワクチン非接種群で同等であったとされています(2018,コクランレビュー)。

 

日本産婦人科学会は、日本で年に約3000人が子宮頸がんで命をおとし、10000人が子宮摘出を受けている現状から、早急な定期接種の勧奨再開を求める要望を2015年に提出しています。

 

他国の現状としては、重要なワクチンとして位置づけられており、約140カ国で使用され約80カ国で定期接種となっています。男児にも接種範囲を拡大している国もあります。有害事象を理由に積極的な接種に推奨を差し控えるという対応をとっている国は、日本だけです。

 

以上が、子宮頸がんワクチンの過去~現在に至る情報です。

 

以下は個人的な主観が入りますが、

HPVワクチンは、唯一の ” がんを予防できる ” ワクチンです。先述のとおり、日本で年間3000人ほどが子宮頸がんで亡くなっていますが、診断される年齢のピークは30代の女性です。社会的にみても、生産年齢である30代の死亡を減らせる可能性をもつ非常にインパクトの強いワクチンであると考えられます。

接種は激減していますが、現状でも接種を希望される方は一定数おられます。正しい知識を得た上で、お子さんの未来を考えていただければ幸いです。

 

 

↓ 過去の記事です ↓

外来で意識すること① → こちら

外来で意識すること② → こちら


<癌×認知症×糖尿病>複数の疾患を複数のクリニックで管理していくのは無駄が多い、無理?・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

診療のメインは高齢者の診療で、外来でも在宅でも日々継続していますが、最近外来ぽっと受診された方や病院から訪問診療を依頼された患者さん、複数医療機関を受診されて治療の方針が全く統一されていないこと本当に多く経験しています。

 

一例をあげると○○癌でA病院通院、糖尿病はA病院から紹介されたBクリニック、整形は最近腰痛でかかったCクリニックにそれぞれかかっている患者さん、A病院では治療はもう難しいので緩和ケアに移行しましょう、ということで当院紹介されました。

初回で往診した上で食事量も少なく痛みもつらい状態・・・内服調整しようと思ったら、実際Bクリニックからは食事もあまりとれていないのに1日4回打ちのインスリン処方がずっと継続されており内服も10種類以上・・・・Cクリニックからは骨粗鬆症の薬とNSAIDSの痛み止めが出ており、3つの医療機関から処方された薬が一包化もなされないままバラバラと一袋に入っていました。

「この薬どうやって管理して飲んでいるの?」

「先生、薬多すぎて困ってるんです。本当にこんなに必要ですか?」

「Bクリニックの先生はなんて言っているの?」

「毎月採血して血糖管理いいからこのままずっと同じだって。でも本当はインスリンもしたりしなかったりなんです」

「Cクリニックのほうは?」

「骨密度が少し低めだから絶対飲んでいた方がいいって。」

「A病院では話したの?」

「入院中に看護師さんに話したけど結局泌○科だから調整は無理って言われたんです・・・」

 

こんな話が外来でも在宅でも本当に多い!!複雑すぎて本当の意味での患者さんのための医療には全くなっていないですね。ポリファーマシー、治療に責任をもつ医療者の不在、訪問看護師の導入なし、介護保険申請なし・・・問題が多い・・・

 

行き過ぎた専門診療による弊害をどうしていくのか、1臨床医として現場から、また診療所の経営者としては診療所の運営方法を通して解決していきたいと考えています。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


外出制限、通所利用減→認知症進行が本当に多いですね。高齢者こそ外出を!!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

最近外来診療でも在宅診療の現場でも、コロナ感染を危惧して外出頻度自主的に減、もしくは通所利用を控える→その結果として自宅に閉じこもりとなり認知機能が大きく低下という高齢者の方が本当にたくさんいらっしゃいます。

高齢者のバランスって本当に微妙なところで保たれていたんだな、とこれだけ患者さんの状態が変化している現状をみると痛感する毎日です。

 

「通所利用を再開しよっか」

「散歩でもいいので外にでましょう」

「カーブス再開しましょう」

「民謡のあつまりもうそろそろ行ってもいいんじゃない?」

「娘さん宅に遊びに行けば」

そんなアドバイスをしている毎日です。

 

コロナの影響もだいぶ理解してきたことですし、そろそろ2類感染症の指定からも外れる、といった議論も現在ではされているようです。皆さんも必要以上に怖がることなく外出する機会をできるだけつくるようにしてくださいね。(もちろん密の状態は避けてください!)

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


インフルワクチン再度予約受付開始しました。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

インフルワクチンの予約ですが、枠がいっぱいとなったため一度中断した予約、ワクチン入荷の見込みがたったため再度受付しています。

人数的には300人分程度のワクチンが新たに入荷できる体制となったため、今からワクチン接種をお考えの方は早めにまずは外来にご連絡ください。

 

個人的な予想としては2週間程度で現状分の予約いっぱいとなってしまうかなと思っています。早めに連絡くださいね。

 

 

 

 


すみませがインフルワクチンは在庫なくなりましので一度予約中止となります・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

昨日のブログで後300人分弱のワクチン予約ありますよって書きましたが、その後予約がメチャクチャ入りあっという間に在庫が後100人分程に・・・そのくらいは外来に定期通院してくれている、当院をかかりつけとして通ってくれている方で予約をとっていない方もいますので、その方たちのためにとっておくと事実上在庫はほぼ0・・・・申し訳ありませんがインフルワクチンの予約は一度受付終了とさせていただきます。

後日在後が入るようであれば再度お知らせいたしますので、必要な方は随時確認して頂ければと思います。

 

当院のワクチン価格は仕入れ値+人件費や材料費などで利益はほぼ0です。ワクチンでお金儲けするつもりはないので今後もできるだけ安い価格での接種継続していきたいですね。

 

 

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


インフルワクチン残りの在庫は少な目です。接種希望の方は早めにご連絡ください。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

インフルワクチンの予約ですが本数としても全体2500人分の中で残りは300人弱の残しかなくなってきました。予約枠も11月まで土曜日は枠なしの状況・・・希望者の方から電話は現在もかかってきていますので希望する方いましたら早めにご連絡頂けると幸いです。

外来患者さんは10月1日から接種開始しますが、1日のワクチン予定が60~70人程度とかなり入っています。定期の受診される患者さんにつきましても少し普段より診察までお時間かかるかも知れませんがご了承ください。

 

外来を本格的に開始してようやく3年が経ちました・・・・3年前を振り返ると外来開始の10月は患者さんが1日3人とか5人とかその状態だったのをよく覚えています。今は地域のかかりつけ医としてようやく認識してもらいつつあるので、何かあったらここに相談しよう、そんな診療所だと思って利用してくれる患者さんが増えていること、本当にありがたいですね。

 

当院は予防から緩和ケアまで、外来診療から在宅医療まで、医療保険や社会保険や社会福祉制度まで複数医師と看護師、ケアマネやMSW、リハセラピスト、栄養士、チームで活動しています。かかりつけ医をお探しの方は是非受診してみてくださいね。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


外来診療は何が専門?と聞かれると「かかりつけ機能が専門です」と答えます。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

昨今内科で開業する先生は循環器が専門、不整脈が専門、糖尿病が専門、IBDが専門、呼吸器が専門、とかって専門特化して開業する先生がほとんどです。

翻って当院が「専門診療ってなんですか?」と聞かれると「かかりつけ機能が専門ですよ」とお答えしています。

確かに皮膚科や小児科、脳神経外科など特殊な専門科もありますが、一番当院の外来で重視している機能は「地域の診療所として幅広く医療と介護に目を向けて診療すること。そのためには専門科の診療にこだわらないこと。」です。

 

診療所の医療で一番病院と違い良いところは、患者さんの生活をより近くで診れる点だと思っています。医療のみならず、家族関係であったり金銭的な問題であったり、はたまた社会資源の問題であったり様々な問題を見聞きしますし相談されます。専門科の内科Drであればそこまで踏み込んで調整しないような問題であっても、当院の外来では専門特化した診療をしないならばこそ、どんどんその患者さんの医療介護面の問題に踏み込んでいけています。

都市部における内科Drの診療で今一番必要とされている診療は、専門科のみの診療をしない、かかりつけ医としての機能こそ専門とする診療ではないでしょうか?

外来もするし往診もする、予防接種もするし緩和ケアもする、一人の医師ではなく多数の医師で、かつ多職種で質を担保しながら診療する、そんな診療所でありたいと思っていますよ。

 

当院をかかりつけ医として利用したい患者さんいましたらまずは気軽に外来受診してください。色々お聞きすると思います。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


インフルエンザの予防注射は10月1日からの予定です。予約開始します。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

インフルエンザのワクチンですが10月1日から開始する予定で現在予約9月7日から取り始めます。

昨年は18~1900人分のワクチンを全部消費しましたが、今年の在庫は2400人分程・・・在宅患者さんの分も考えると外来で使用できる分は限られるので、インフルワクチン接種を希望する方は早めに当院外来にお電話し予約してください。

金額は2750円、値上げはなしでほぼ利益なしの価格かなと考えています。

 

高齢者、小児の方は早めにご予約ください。よろしくお願いします。

 

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


地元創成看護学って知っていますか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院のブログでも地域医療や診療所のみならず幅広く地域の医療全体にコミットする看護師さんのことを広義でコミュニティナース、として触れたりしていますが、それらを取りまとめて”地元創成看護学”として1ジャンルで考えた方がいいんじゃない?という面白い提言が今回されていたので紹介します。

当該文章は日本学術会議のHPで確認できますので是非一読されてみてください。面白い内容だとも思いますよ。

全文引用すると長くなるのでさわりの要旨などの文章だけ紹介します。個人的に面白いなと思った部分は赤文字にしています。

「地元創成」の実現に向けた看護学と社会との協働の推進

要 旨
1 背景と課題
人口減少と少子高齢化、人口の東京圏への一極集中を背景として、保健医療福祉分野の複雑で多様な課題は、全国一律の方策で解決することは困難である。各地域の特異な課題に、地域が主体的・自律的に取組むことが期待されているが、課題解決が進まない地域は少なくない。都市と地方では人口の動向が異なり、人々の生活や健康にかかわる課題の現れ方やその解決に資する保健医療福祉資源も、人々が生活を営む「地元」によって異なる。COVID-19 感染症の対応では、各自治体の地域の感染状況や特性を踏まえた対応が顕著になっている。

令和 2 年豪雨災害の支援では、COVID-19 感染症蔓延のため県外からの支援が困難で、地域内で対応せざるをえない状況である。これらはまさに「地元」の特徴を踏まえて、自らで対応することが求められる例である。
本提言では「地元」を、看護の対象集団・組織等が所在する地域、または看護系大学等の組織の理念や趣旨に根差す特定の地域、地理的境界もしくは共通の特性でかたどられる社会集団として定義する。多様な心理社会的な共同体・集団を幅広く含み、風土・文化背景を含む帰属意識を持つ人々の社会集団、及びローカルからグローバルなレベルを含む。
中央(東京圏)に対する地方のみではなく、都市には都市の、農村には農村の、「地元」に応じた方策を「地元」の人々がその風土や文化に基づきながら変化する地元のニーズに対応するために自ら創っていく「創成」が必要であり、それが可能となる施策が必要である。

2 地元創成看護学の必要性
地元創成を確実に実現するためには、看護学と社会との協働により「地元創成」に資する学術ならびに施策を構築することが必要である。
高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援のため、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる、「地域包括ケアシステム」の構築において、看護職(保健師・助産師・看護師からなる専門職)が極めて重要な役割を担うことが社会から期待されている。地域包括ケアシステムは全国共通の一律一様ではなく、人々が生活を営む「地元」によって異なる。地域包括ケアシステムを推進するには、地元特有なシステムとして地域づくりが含まれる。看護職はこれらの要件を踏まえ、地元創成に資する新しい看護の教育、研究、実践活動を通して、求められる当該地域包括ケアシステムに貢献することが可能である。看護職の約 8 割は病院・診療所で従事しているが、訪問看護ステーションや福祉施設など地域で従事する看護職も過去 10 年で増加している。政策的にも地域・在宅医療のさらなる充実や地域性をふまえた在宅医療提供体制が検討され、看護職が今後の社会・地域において果たすべき役割を考えると、さらなる貢献が期待される。
看護職の教育課程であり看護学を構築する看護系大学は、1980 年8課程から 2020 年には 287 課程と急増している。全国の国公私立の3大学に1つは看護学の学士課程があり、各都道府県には複数の看護系大学がある。各大学は、大学所在の「地元」や建学の理念・趣旨に根差す「地元」を有し、地元の大きな資源となりうる。看護系大学が、地元創成に向けた新たな看護学の教育・研究に取り組むことを通し、地元創成に向けた新たな学術を牽引することが可能である。この新しい叡知は、当該地元のみに活用を留めるものではなく、その成果をグローバルに発信し、多様な複数の地元に活用され発展される必要がある。

3 提言
今回創設を提言する地元創成看護学とは、「地元(home community)の人々(population)の健康と生活に寄与することを目的として、社会との協働により、地元の自律的で持続的な創成に寄与する看護学」である。地元自ら主体的に活動していく価値観のもと、地元の人々が課題解決に向けた方策を自ら考え創っていくのを可能にすることを意図している。
この実現のため看護系大学は、(1)看護学のパラダイムシフトとして地元創成看護学への理念の転換、(2)「地元」住民との連携強化、(3)広域・政策担当者との連携強化の3点に取り組み、(4)COVID-19 の感染拡大や自然災害下における地元創成看護学の開発・実践に着手することが必要である。この地元創成看護学を、文部科学省は学問の一領域に位置づけ、厚生労働省は地域包括ケアシステム構築に向けた取り組みに位置づけるべきである。
(1)看護学のパラダイムシフトとして地元創成看護学への理念の転換
① 看護系大学は、看護学教育課程に地元創成看護学を取り入れ、各地元に相応しい地元創成看護学及び教育プログラムを構築する。
② 看護系大学は、地元創成看護学により「地元創成」を牽引できる看護職を育成する。
③ 看護学研究者は、地元創成を推進するコミュニティ参加型研究(Community-Based Participatory Research: CBPR)等に取り組み、地元固有の看護学を構想する。
(2)「地元」住民との連携強化
① 看護系大学は、地元創成を推進する人材教育を共同で行えるよう、住民との関係性を構築し、連携活動を推進する。
② 看護系大学は、地元創成に向けた人的・文化交流ネットワークの構築拠点となるプラットフォームを開発する。
③ 看護学研究者は、地元創成に向けた地元ニーズを把握するため、地元住民とともに合同でニーズ調査やヒアリングを系統的に行う。
(3) 広域・政策担当者との連携強化
① 特に内閣府、文部科学省、厚生労働省を中心とする国の行政機関は、地元創成看護学を支援する制度設計の基盤づくりを行い、看護系大学と連携する。
② 地方公共団体は民産官学連携により「地元創成」施策モデルを構築できる先駆的モデル事業、助成金等の施策に取り組む。
③ 看護系大学は、医療保険や介護保険を含む保険者、事業者、民間団体等の「地元創成」のビジネスモデルを開発できる先駆的モデル事業の推進に取り組む。
(4) COVID-19 の感染拡大や自然災害下における地元創成看護学の開発・実践の着手
① 看護系大学は、平常時から非常時を想定した地元の関係機関(自治体や地区の自治組織、職能団体等の社会集団)との連携体制を共同で整備する。
② 看護系大学は、地元自治体や自治組織、職能団体、医療-福祉機関等と準備した連携をもとに、非常時は教職員・学生の活動を起動し、地元関係団体と連帯・協働する。

 

 

読んで感じたことは、これって自分が普段から言っている地域全体を看て活動するコミュニティナースのことですよね!!!実臨床の部分では医師の外来診療と在宅医療の補助、自分自身での外来看護、訪問看護、予防から在宅緩和ケアまで、必要な社会資源へのアクセス確保と社会保障制度の紹介と実践、などなど・・・結局地元創成看護学を学んだ看護師が一番活躍できる、それを実践できる場は大学でも病院でもなく絶対診療所や訪問看護ステーションだと思いましたよ。

これからは地元創成看護学を学び地域包括ケア診療所で働く、そんな看護師さんが社会的にも必要にされていくのは間違いない、この文章を読んでそんな気持ちがさらに強くなりました。皆さんはどう考えましたか?時間があれば全文読んでみてくださいね。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


輸血の勉強会しています。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

最近輸血をする機会がちょくちょくあったので、その際に気をつけるべきTIPSはなんだろう?と考えた看護師さんが、赤十字血液センターの方を及びして院内勉強会を開催しました。

話を聞くとやっぱり情報自体もアップデートされていて、個人的にはとても勉強になりましたよ。

血液疾患の方やがんの終末期に近い方でも輸血加療でADLが改善する人、症状緩和が得られる患者さんはたくさんいます。

診療所だからしない、という短絡的な思考ではなく、患者さんのために何ができるのかを突き詰めて考え行動したいと思っています。なので輸血に関してもガイドラインを参考にしながら適応患者さんがいたら適宜当院でも行っていきたいと思っていますよ。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!