”子宮頚がんワクチン” について(再掲)

こんにちは、いまいホームケアクリニック 小児科の小杉です。

 

以前の記事の再掲です。

対象年齢の女児のいるご家庭に、札幌市からワクチンの通知がなされたとのことで、問い合わせが増えるかと思われます。

 

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン) ” についてです。

 

HPVワクチンがあることはご存知の方も多いと思いますが、正しい知識を持った方は少ないかもしれません。なるべく主観が入らないように、現状をお伝えできればと思います。

 

HPVワクチンは、子宮頚がんを予防する目的で2010年に公費助成が開始となり、2013年には予防接種法で定期接種に組み込まれ、接種数が急激に増加しました。

それに伴い、ワクチン接種後に全身の疼痛や失神、麻痺、視力低下、倦怠感、勉強ができなくなった、めまい、歩行困難、けいれんなど非常に多彩な症状が多数報告・報道され、被害者の会が設立されるなど社会的にも大きな話題を呼びました。

それを受けて当時の厚労省からは「積極的に接種を勧めることは差し控えましょう」という措置がとられました。推奨を控えるという対応のみで、定期接種からなくなった訳ではないので、現在も対象年齢では公費助成により無料で受けられるワクチンです

 

その後の厚労省研究班の全国調査では、「HPVワクチン接種歴のない集団でも、接種者と同様の多彩な症状を呈するものが一定数存在する」としています。つまり、ワクチン接種によって症状を訴える人が増えたとは言えないのではないか、ということです。ワクチンの副反応とされた症例の中に、他の原因による紛れ込みがある可能性もあります。

世界的に見ても、重篤な有害事象のリスクは全ての年齢群でHPVワクチン群とワクチン非接種群で同等であったとされています(2018,コクランレビュー)。

 

日本産婦人科学会は、日本で年に約3000人が子宮頸がんで命をおとし、10000人が子宮摘出を受けている現状から、早急な定期接種の勧奨再開を求める要望を2015年に提出しています。

 

他国の現状としては、重要なワクチンとして位置づけられており、約140カ国で使用され約80カ国で定期接種となっています。男児にも接種範囲を拡大している国もあります。有害事象を理由に積極的な接種に推奨を差し控えるという対応をとっている国は、日本だけです。

 

以上が、子宮頸がんワクチンの過去~現在に至る情報です。

 

以下は個人的な主観が入りますが、

HPVワクチンは、唯一の ” がんを予防できる ” ワクチンです。先述のとおり、日本で年間3000人ほどが子宮頸がんで亡くなっていますが、診断される年齢のピークは30~40代の女性です。社会的にみても、生産年齢である30代の死亡を減らせる可能性をもつ非常にインパクトの強いワクチンであると考えられます。

接種は激減していますが、現状でも接種を希望される方は一定数おられます。当院でも接種される方が増えてきています。

 

正しい知識を得た上で、お子さんの未来を、お子さんと一緒に考えていただければ幸いです。

 

 

↓ 過去の記事です ↓

外来で意識すること① → こちら

外来で意識すること② → こちら


日本脳炎ワクチンはしばらく入手困難となります。在庫確認が必要なので早めにご連絡ください!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

日本脳炎ワクチンに関して以下の記事が出ていましたのでご確認ください。ミクスオンラインさんより引用させて頂きます。

厚労省 日本脳炎ワクチンの定期接種「1期の2回接種優先を」 阪大微研の出荷調整で

「厚生労働省健康局は1月15日、健康課長名で、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンについて、「定期接種の 4 回接種のうち、1 期の2回接種(1 回目及び 2 回目)を優先して接種」することを呼びかける通知を発出した。阪大微生物研究所の「ジェービックV」に製造上の問題が生じ、原因究明のために製造を一時停止したため。日本脳炎ワクチンはこのほかに、KMバイオロジクス(以下、KMバイオ)のエンセバック皮下注用があり、増産も行われるが、21年度は20年度に比べて80万本程度供給量が減少する見込み。このため、2社とも出荷調整を行う見通しとなっている。

阪大微生物研究所は、製造上の問題が発生したため、2021 年 4 月以降当面の間、微研会から販売会社(武田薬品、田辺三菱製薬)への製品の出荷を停止せざるを得なくなったと説明。販売会社から特約店への出荷調整を開始するとの情報提供を始めた。在庫がなくなった場 合は、「一定期間お届けできない状態」としている。すでに再発防止のための是正装置や予防措置を行い、製造を再開したという。販売会社への出荷再開は12月の見通し。現在までに流通している製品については「品質に関する懸念はない」としている。

こうした状況を踏まえ、厚労省は、医療機関に必要量に見合うワクチンの購入を求めた。卸売販売業者には、前年に他社と取引しており、自社と取引実績がない医療機関や、新規開設の医療機関からの発注があった場合に取引実績がないことを理由に不利になることがないよう配慮することを求めている」

 

当院がワクチン入荷を依頼している卸さんも既に21年度分は調整必要と連絡がきており、今後21年度中はワクチンの予約は難航することが予想されます。

日本脳炎ワクチン接種希望者の方は早めにご連絡頂いた方がいいかと思いますのでご確認くださいね。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 


外来通院患者さんのケアマネジメントについて

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院は外来診療でも”数より質”を目指しています。単純に外来通院患者さんを増やすのが目的ではなく、外来通院患者さん一人一人にゆっくり時間を割き、十分なケアをしてあげることができるようにしたいと思っています。

当然外来通院している要支援や要介護の患者さんのケアマネジメントに関しても、在宅医療を受けている患者さんと同じように積極的に介入するようにしています。

「訪問看護師そろそろ導入する時期じゃないですか?」

とか

「家族が疲れてきているのでショート利用を考えてみください。ショートは○○という理由もあるから■■できない△はさけて、**使ったら?」

とか

「患者さんの母親が病気になったみたいで生活環境変わるから、場合により施設入所の検討も必要かも。次回モニタリング訪問の時施設についても相談してあげてください」

などなど・・・・外来診療の場でも結構こまめにケアマネさんに連絡するようにしています。

 

 

ただ在宅医療は診療や看護師、ケアマネさんなどのチームが”面”で患者さんを支える部分はありますが、外来診療だとどうしてもイメージ的に診療は”点”で患者さんとつながっている感じになってしまいます。

こればっかりは外来診療の特性上仕方ないのですが、そうなってくると外来診療医とケアマネさんの意図がずれることが往々にして起きてきます。

「あれ?先月ケアマネさんに訪問看護の導入依頼したはずなんだけどなんで老健入所になってんの?」

とか

「認知症の服薬管理、生活支援の問題のはずが、なんでデイ週3と住宅改修っていうケアプラン?」

とか

「訪問看護、緊急対応してないところはダメっていったのに・・・なんでその事業所選ぶの??あとで緊急対応必要になった時2か所使い分けるのなんて外来診療じゃ無理だよ・・・」

とかが例ですよね。こうなってくると「このケアマネさん、あれだけ情報提供したのになんでこういう行動になったんだろう?」と理解不能となってきます。

一部のケアマネさんはきちんと事前に確認の電話を外来に入れてくれたり、こちらの意図した以上のことができそうな場合は「これこれと変更しますがそっちの方がいいと思って調整したんですがどうでしょうかね?」みたいな感じで事後でもきちんと教えてくれます。

在宅やっている自分でもケアマネさんの動きで???となることが多い高齢者の外来診療、在宅やっていない普通の外来診療の先生であればもう理解不能でアンタッチャブルな世界と感じることでしょうね・・・

 

 

ケアマネさんへ:外来通院されている患者さんのケアマネジメントに関しては、訪問診療を受けている患者さん以上に主治医に多く情報を流すように意識してみてください。きっとその先生はあなたの価値を理解してくれ、もっと交流がしやすくなること間違いないはずですから。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


コロナの影響で認知機能が落ちる患者さんが増えていますね。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院はかかりつけ医として外来診療を行っていますが、この1,2か月やはりコロナの影響で外出を控え自宅に籠る患者さんが増えた結果、認知機能が低下して困っている、という患者さんが増加している印象があります。

大抵外来での検査、診療の結果、抗認知症薬の投薬を開始する、というよりは、介護保険の申請でのデイサービスの利用であったり、その他公的外サービスの利用による外出機会の確保、はたまた散歩の回数増加など投薬以外でできることの提案を外来で一緒に考えています。

 

どの患者さんも認知症の治療=薬の内服、と考えている方がほとんどですが、投薬以外にも認知機能の低下を予防するための策は色々あるかと思います。かかりつけ医の役割はじっくりと患者さんと家族の生活状況を確認し、その上で個別に対応を考えていくことだと思っていますよ。

 

近隣の患者さんで何か困ることがあればいつでも当院に受診してくださいね。かかりつけ医としてできる範囲での努力は精一杯するのは在宅の患者さんでも外来の患者さんでも変わらないスタンスです。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 


認知症の診療に必要なことは、認知症専門医という資格ではなく在宅医療の経験だと思います。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

認知症診療は外来でも在宅の現場でもほぼほぼ毎日行っています。外来診療ではその場で診療が完結することはなくて、気になったこと、例えば周囲の医療者の評価、介護の具合、家族の状況などほぼほぼ必ずケアマネさんや訪問事業所や通所事業所に連絡をとり確認、必要があれば指示などをしています。

認知症は認知症専門医に診てもらったほうがいい、そう思う人もいるかもしれませんが自分はそうは思いません。確かに認知症専門医の資格はあって損することはないかと思いますが、それよりも何より在宅医療の経験があるかどうかの方が200%重要だと思います。だって生活診ないで、知らないで、何を外来診療の診察室で解決するんですか???

逆に言えば在宅医療の経験がないのに認知症の専門外来診療やっています、っていうのは自分からみたら本当に信じられません・・・・在宅やらないで生活の、認知症患者さんを取り巻く問題の何が理解できるの?って強く感じますね。(病院入院の上での認知症治療はまた少し違ってきます。こっちは在宅の経験がなくても薬物調整がメインなので・・)

 

認知症の外来診療は在宅医療の経験のある医師を受診することをお勧めします。きっと日常生活へのアドバイス、周囲の介護職へのアドバイスなど生活が楽になる支援を受けられると思いますよ。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 


発熱外来用のコンテナ、3月以降も利用するか検討中・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院は平日及び休日に発熱外来を行っています。原則では診療所の中に入らないで診察させてもらっているので、車での診療、場合により敷地内に置いたコンテナの中で診療を行っています。

↓当院が半年レンタルしているコンテナ

 

このコンテナ、発熱外来用に昨年10月にレンタル開始しましたが、3月末で一応レンタル期間終了になります。3月以降も現状のコロナの対策が必要になるのであればレンタルを継続するか、それとも診療所の増改築を検討するのか、よくよく考えなければいけません。

現状ではレンタルを継続しつつコロナへの長期的な目線ももって診療所改築、という風に考えていますが、どうなることやら・・・そもそもこういう場合に改築する場合って補助金の対象とかにもなるんでしょうかね??

 

当院は駐車場のスペースをつぶせば何とかなりますが、他の診療所さんは今後の熱発者への対応、どうしていくんでしょうか?皆さんのまわりの診療所さんはどうですか?

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

非常勤医も募集しています→こちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 


丸山ワクチンを希望される患者さん、ご家族の方へ

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院の外来には現在複数名の患者さんが丸山ワクチンの投与を受けに来られています。

最近問い合わせのお電話がよくあるのですが、以下の点に関してのみこちらから患者さんに確認をお願いしています。

●現在通院している診療科の先生の許可を得ること

●その上でその先生から診療情報提供書を書いてもらうこと

以上2点です。

どちらも最低限しておかなければいけない点かと考えています。これまでも投与を外来でしている途中で病状悪化→すぐに在宅医療開始、となった患者さんもいますし、通院の途中でどうしても癌性疼痛が悪化したり便秘が悪化したりサブイレウスになったりなどした患者さんもいます。

主治医の先生の許可があり手紙があれば、体調が急に変化した時でもどのように対応したらいいのか当院の選択肢も広くなり、結果として患者さんの利益にもつながると考えています。

ワクチン取り寄せに必要な書類などはこちらに相談してもらえれば対応可能です。

外来での投与を希望される方はまずは外来011-611-0001までお電話ください。通院が難しい方は基本的には訪問看護などの対応も相談可能です。在宅での投与を希望される方は011-215-8098までご連絡ください。あと対象患者さんですが札幌市内の方が原則ですのでご了承ください。

 

*21年1月7日追記

札幌市内の緩和ケア病院では丸山ワクチンの投与をすることで、もう病院は患者さんの治療には関わりません、という病院が存在します。これはいい悪いの問題ではなく病院の方針としてそうなっているところもある、ということです。

実際そうなると当院の外来のみではフォローしきれなくなるので、当院の外来診療+バックベットのホスピスなどを別に探す、もしくは在宅医療を受けることで体調変化に備える、などの対策が必要になる場合があります。

当院を受診されたとしても、患者さんにとってベストな選択肢が当院で丸山ワクチンを打つことではないかも知れませんが、基本的にはよく話を聞いた上で一番いい選択肢をお伝えすることは可能かと思います。以上よくよくご確認お願いします。

 

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


年末年始の外来診療へのご協力、ありがとうございました。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

年末年始の発熱外来&定期の患者さんの外来診療ですが、大きく混乱することなく終了することができました!

どの患者さんも①発熱患者さんは事前に電話連絡を必ずしてくれる②定期通院の患者さんも10時までの定期患者さんの外来診療の時間を守ってくれる、方がほとんどで、トラブルとなることはほとんどありませんでした。改めて当院の外来診療の体制に協力してくれた患者さんとご家族に感謝感謝です。

発熱患者さんのスクリーニングについては、正直#7119の振り分けはもう機能していないのかな?と疑うこともありましたが(39度の熱発と味覚障害あり、とか、医療機関勤務の39度の熱発患者さんでもまずは発熱外来へ、とか・・・・)、それでも忙しい時期、年末年始の休みたい時期に勤務してくれていたので本当にお疲れさまでしたと言ってあげたいですね。

 

さて当院は明日4日から通常診療の開始です。気持ちを新たにしてまた1年頑張っていきたいと思います。皆さんもまずはご自身の体調管理、気をつけてくださいね。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


年末年始に当院外来を受診されるかかりつけ患者さんへのお願い【時間の確認を!】 

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

年末年始に当院外来を受診される、当院をかかりつけ医としてくれている患者さんにお願いです。

当院の年末年始の外来は通常通り朝7時から午後2時まで行っておりますが、午前10時からは発熱外来として熱発患者さんの対応を行っています。土日祝日も休まず診療している医療機関は市内でも少ないため、年末年始に当院に発熱患者さんがかなり来院されることも予想はされます。

定期通院されている状態が安定している患者様に関しては、できるだけ発熱外来の時間に受診せず、ご迷惑ですが朝7時から10時までの間に受診して頂ければと考えています。(発熱した場合は10時以降でお願いします。)

当院のクリニックの構造上、どうしても動線で患者さんを分けることが難しく、時間でしか患者さんを分けることができないため、定期通院されている患者さんの感染リスクを少なくするためには受診時間をしっかりと守っていただくことが何より重要かと思っています。

 

朝7時からは10時までは発熱患者さん、感染患者さんの受付はしていませんので、その時間であれば安心、安全に外来受診が可能です。時間の確認だけすみませんがよろしくお願いします。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


インフルエンザワクチンの予約、再開します。【50人分程ありますよ!】

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

入荷努力を継続していたインフルワクチンですが表題の如く50人分程追加で入手できましたのでワクチン接種の予約を短期間再開します。まずはお電話ください。

予約希望の方は電話:011-215-8098 までご連絡ください。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!