医療法人を経営する上で自分が再確認した4つの原理原則

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

コロナ禍の影響が札幌の医療機関にもかなりでてきている状態ですが当院は何とか職員、患者さんともに陽性者は現時点ではおらず過ごせています。おそらく今後どこかのタイミングで感染者がでるとは思いますが、その時に適切に対応できるように今から準備していきたいと思っています。

さてこんなご時世、医療法人の経営が将来的に前途多難になることが容易に予想されますよね。実際小児科や耳鼻科のクリニックの経営はかなり厳しいですし、外来通院患者さんの減少は今後も継続して続き、さらに在宅患者さんの入退院含めたマネジメントはより一層困難になっていくでしょう・・・・

そこで今回、中期的な目標を設定するために、自分が考える当医療法人の原理原則は何か、と改めて振り返ることとしました。行動原理がずれている組織はやはり脆弱です。今一度再認識をしておくことは自分の考えが軸からぶれないためにも重要かと思います!

 

ということで早速ですが以下が自分が考える当法人の原理原則です。4つあります。

 

●在宅医療をメインとして活動する

●札幌市内での医療提供にこだわる

●多職種でチーム医療を提供する

●他の医療機関がしていないこと、できないことをする

 

在宅医療以外にも色々注力する医療はあるかも知れませんが、結局興味や行動が多方向に向かってしまうと注力して医療で差別化していくのは難しくなると考えています。それほど大きくない当院が、医療組織として生き残る、地域に必要とされるためには得意分野に全力集中していくしかありません。

札幌にこだわるのもそれが理由です。広範囲、例えば道内の他市町村に診療所をだそうと思えばだせるかも知れませんが、マネジメントの困難さ、必要とする労力等を考えるとすべきではないと感じます。あくまで自分が住んでいる地域、生まれ育った場所で貢献することのみに集中すること、それが本分かなと。

多職種で医療を提供すべき理由は唯一つ、そのほうが絶対いい医療を提供できるから、です。在宅のクリニックによっては医師がメインで看護師は診療同行のみ、MSWもいない、なーんてよくありますが、個人的にはそのような組織より多職種が在籍しチームで働く医療組織を作った方が何倍も地域への貢献ができると確信しています。なのでこれも原理原則の一つです。

最後は自分の生き方みたいなもんです。他人と絶対違うことをする、同じことはしない、人の後ろ姿を追い求めない、そうすべきと皆さんも思いませんか?

 

 

こうやって今改めて振り返ってみると、何を原理原則とするかを考える時に重要なことは、何をすべきか!と同じくらい、何をしないのか!を決定することだと再認識できました。有意義な時間でしたね~

 

皆さんの原理原則はなんですか?何をしますか?そして何をしないと決めていますか?

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 


クリニックを経営すること=常に新しいことにチャレンジすること

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

今日はクリニック経営について自分が考えていることを少しだけ話してみたいと思います。

たまに同業者とごはんを食べに行ったりすると、開業に興味のある医師からは「クリニックを経営する上で重要なことってなんなの?」と率直に聞かれることがあります。

定型的な答えとしては「やっぱり人の管理だね」とか「クレドを作ることだよ」「開業場所だよ」とかってなるのかも知れませんが、個人的には「情熱を持ち続けることが一番重要じゃない?」と感じておりそのように伝えています。

やっぱり情熱のない経営、診療って患者さんやスタッフにもわかると思うんですよね。やる気がないと下向きにしか生きられなくなる・・・常に先を見据えて行動していくこと、上昇思考であること、それが診療所経営では一番大事じゃないかなと感じますが皆さんはどう考えますか?

さてそれなら10年、20年スパンで情熱を持ち続けるために必要なことって何?と聞かれると、人によって違うかも知れませんが、自分の場合は「常に新しいことにチャレンジすること」が一番効果的だと思っています。

知らないこと、やったことないこと、失敗するかもしれないけれど成功したら新しい価値を生み出せること、人を巻き込んでしかできないこと、地域で誰もしていないこと、などなど・・・・なんでもいいのでとにかく新しいことにチャレンジし続けることが情熱を維持し続ける秘訣で、一番クリニックを経営していく上で重要なことなんじゃないかと思います。

 

ということで当院は毎年どんどん変わって言っています。将来はどうなるかは誰にもわかりませんが、自分が自信をもって言えることは「来年再来年、4,5年先も今と同じようなことのみをやり続けていることは絶対ない」ということは確信を持って言えますね。

 

皆さんはクリニック経営に必要なことってなんだと思いますか?よかったら教えてくださいね~

 

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


2025年を見据えて当院がこれから取り組む6つの課題

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

2011年に開業してから約10年、あっという間に時間が過ぎました・・・当初は一人で始めたクリニックも現在ではみなみの分院も含めると70名弱のスタッフが在籍する法人となり、一緒に働いてくれる仲間が増えることが本当にありがたいばかりです。

決して組織の規模を大きくすることが目標ではないのですが、規模が大きくなられなければ理想とする「チームでの質の高い医療を継続していくこと」が困難なことは紛れもない事実です。

また、できるだけ札幌という地に貢献したい、という信念は当初から変わっていませんので、今後の当院の活動指針は「どのような形に医療法人がなることがもっとも札幌で地域医療に貢献できるのか」という観点から考えていくことになります。

 

10年先を見据えることはもちろん重要で、長いスパンでの計画は立ててはいますが、ひとまず現時点では2025年を一つの区切りとして、そこまでに何に取り組むべきか、今時点での自分の考えをまとめたいと思います。

1:外来診療時間の検討

外来の診療時間は現在平日土日含め朝は7時から、午後は平日17時、土日は14時までとなっています。今後働き手が少なくなる社会事情を考えると、当院のスタッフ一人一人にいかに効率よく勤務してもらうのか、という観点からの業務改善は欠かせません。ただ土日含め365日診療は地域のかかりつけ医としてはやっぱり継続すべき、とも考えています。

そうなると変更すべきはやっぱり外来の診療時間なんですよね・・・具体的にはどこかの段階で朝の診療時間は8時30分からにすることを考えています。時間を変更することで日中の医師、事務員の業務の効率化、働きやすさ、在宅との業務の連携など、改善できるポイントはいくつかあります。

外来診療開始して3年・・・そろそろ将来に備えて見直しを検討していきたいと思っています。

2:オンライン診療の導入と活用

上記のように外来診療の時間を変更することで時間内にアクセスできなくなる患者さんが増えるのに対応するため、またコロナ後の感染予防の観点からも、また在宅医療での将来的な利用も見据えてオンライン診療の本格的な導入を行っていきます。

これはもう今月にでも徐々に開始、どの診療科でどこまで対応すべきかも含めて色々チャレンジしながら活用していきたいと思っています。

かかりつけ医としての外来診療、包括的に患者さんと関わる在宅医療、それに加えてオンライン診療とこの3つを診療の柱としていきたいと考えています。

3:タスクシフトの推進

働き手が急減する社会がすぐそこまで来ています。今まで当たり前であったことがすぐに当たり前でなくなる、そんな社会を想像して今から準備しなければいけません。

厚生省が方針を決めてからや病院が動き始めてから動く、そんなスピードで動いてはクリニックレベルでは到底太刀打ちできません。

タスクシフトの推進・・・ひとまず2022年程度を一つの目安として動いていきたいと考えています。

4:市内でのさらなる活動範囲の拡大

みなみにはさっぽろみなみホームケアクリニックができ、全く問題なく診療を行ってくれています。北も北事務所を今年開設しこれからもっともっと診療内容と人員を充実させていきたいと考えています。

基本的には当院が行っている在宅医療の質と方向性は絶対間違いではないし、より札幌という地に貢献できると信じていますので、できる限り地域貢献という観点から活動範囲を少しずつ広げていきたいと考えています。

5:ヘルパー事業所の設置

基本的には開業した当初は「介護事業には手を出さない」と固く誓ったのですが、その方針も変更になりそうです。(これを信念のなさというのではなく、臨機応変と呼びたいですね(^^)/)

高齢者住宅を開設するにあたり訪問介護事業所の設置は必須ですし、タスクシフトを円滑に進めていくためにもどうしても同事業所はなくてはならない存在となります。

21年の春から夏にかけて、事業所開設を目指したいと考えています。

6:高齢者住宅の整備

来年度クリニックから徒歩5分の場所に40人程度が入居できるサ高住兼ホスピス住宅を建築する予定で現在計画中です。

こちらの方ももし仮に既存の札幌市内の高齢者住宅より付加価値がきちんとつけれて当法人がやる価値がある事業だと判断したならばおそらく2025年までの間に住宅建築は行っていくことになるかと思います。

 

 

とぱっと考えてこんな感じがひとまずの中期的な目標となります・・・日々変化する社会、時代を自分の目で見て、確認して、次の時代に備えていきたいと思っています。明日は今日よりもきっといい日にしてみせる、そう思って生きていきたいですね。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


在宅医療、在宅緩和ケアに興味のある医師、看護師の見学は随時受け付けています。興味ある方はまずはご連絡を!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院では在宅医療や在宅緩和ケアに興味のある看護師さんの見学を随時受けつけています。今週末にもお一人見学予定が入っています。

10年近く前から在宅医療を札幌で行っていますが、当院で働くようになった看護師や医師の7~8割方は事前に当院を見学してから入職を決めてもらっています。

訪問診療の現場はどうなっているのか、クリニックの中の動きは、みなしの訪問看護の実際は、外来での診療や看護は、訪問看護ステーションでの勤務は、ケアマネやリハセラピスト、MSWなどの他職種の動き方は、などなど・・・・診療所見学でもこれだけ色々確認できるところはそうないと思います。

他にも開業希望の医師やステーション設立希望の看護師さんであれば、現状と今後の予測等についてアドバイスすることもできますよ。

興味ある方はまずはご連絡ください。お待ちしています。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


今月の新規患者さんが法人全体で70人超え!今将来のために考えていること・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

近隣の在宅医療機関に聞いても最近は忙しい時期が続いているとのことですが、当法人でも新規の依頼がかなり多く、今月だけで新規の患者さんが当院で40人超え、みなみの分院で30人弱と月70人を超えました!人数の多寡と診療の質に関しては決して比例の関係であるとは言いませんが、一定の評価を色々な事業所さんからもらっている証かなと考え素直にうれしく思っています。

開業した当初は今でも覚えていますが月の新規患者さんが5,6人程度・・・みなしの訪問看護を本格的に稼働し始めて、さらに複数医師体制になった時期でも月10~15人程度だったことを隔世の感がありますね・・・

 

 

月の新規の在宅医療依頼患者数がここまで増えてきたときに、ふっと自分でこの数字を振り飼ってみて考えたことはいくつかあります。以下に思いつくままに記載すると

①これだけの在宅患者さんを自分一人、医師一人体制で診ることは絶対不可能だった。事業として複数医師体制を目指してきたことが結果として出てきて地域に貢献できてよかった

②チーム医療を推進してきた結果がこれだけの評価となった。医師のみならず訪問看護師、MSW、ケアマネ、リハセラピストなど他職種が在籍するクリニックをつくるのは大変だったけれど結果としては良かったな

③もし当院がなかったら・・・・・毎月70人弱の居宅の在宅患者さんが宙に浮く形になっていたのかな・・・

④中央区西区北区南区は当院がカバーしているけれど、他の札幌市の地区では同じような複数医師体制、チームでの在宅医療、患者さん中心の(利益重視ではない)在宅クリニック運営はできているのかなぁ?

などなどです。

 

 

これからもさらに”地域に必要となる医療は何か””診療所が果たすべき役割は何か”を自分なりに考え将来を予測し行動していきたいと思います。ひとまずは来年質の高い医療と介護を提供できる高齢者住宅をつくることと同じように活動できる診療所を市内で増やすのがファーストステップですね。やりたいことはどんどんあります・・・あくまで札幌にこだわって活動していきたいと考えています!一緒に在宅やりたい医療者随時募集していますので興味ある方ご連絡ください。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 


冬季発熱外来にむけて駐車場に仮設ハウスを置くこととしました。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

今年の冬の発熱外来はどうなるのか、本当に戦々恐々としています。おそらく患者さん側も同じ気持ちなんでしょうが、医療者としては医療提供側の感染は120%絶対に防がないといけないことだと思っています。(そう思っていても感染するリスクはあるのですが・・・)

当クリニックの外来受診された方はわかると思いますが、当院は小児から高齢者まで、疾病に関係なく診療をしています。ただクリニックのスペースは限られており、発熱者をどう扱うかをずっと内部で議論していました。

 

定期通院している患者さんを感染から守り、かつきちんと安全に隔離、というか待機してもらえるスペースを考えた時にもう院内にそのようなスペースをつくるのは難しいと結論、結局外部にユニットハウス?的な簡易スペースをつくることとしました。

↓若干違いますがこんな感じのものです。

一番手前の駐車スペースをつぶしひとまずこのような仮説の部屋をつくろうと思っています。当然費用は嵩みますが・・・・仕方ないですね。9月下旬には少し早いですが置いてみたいと思っています。

 

ということで着々と冬季にむけて準備中です。地域の皆さんが熱発してもこまらないように、できる範囲での対応はやっていきたいと思っています。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


訪問看護師さんの募集、紹介業者さんは利用していませんので直接ご連絡ください。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

訪問看護師さんの募集ですが、たまに紹介業者さんを通して募集してこられる方がいます。ただ看護師さんに関しては現状紹介業者さん通しての応募は全例お断りしています。

中には「どうしても当院で働きたいと言っているんです」と業者さんが言っている看護師さんもいるようですが、「それなら自分で普通に応募してくれればいいのに」で話が終了です。

これまで当院に就職した看護師さんは自分で当院を調べて、連絡をしてもらい、そして見学や面談を受けてから入職してもらっています。自分でその努力すらせずに当院に入職したい、と言われてもその方の情熱や能力に疑問を抱いてしまいます。

 

訪問看護師さんは現在も募集していますが、興味ある方は必ず当院に直接ご連絡下さい。せっかくやる気があってどうしても働きたい、と思っても紹介会社さん利用してしまうと書類すら確認されないこととなりますので(その場合紹介会社さんは「あのクリニックさんは現在募集していないとのことです」と伝えているようですが)・・・

在宅医療、在宅緩和ケア、訪問看護に興味ある看護師さん募集していますので興味ある方は是非ご連絡ください。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


見学の看護師さんは随時来ています。希望者は是非ご連絡を!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

7月に入りぼちぼち当診療所や付属の訪問看護ステーションに見学の看護師さんが来られています。訪問看護をしてみたかったり、診療所での地域に関わる業務をみてみたい、との希望でこられたりと理由はマチマチです。

当院のスタンスとしては在宅医療に興味のある医療者には見学はできるだけしてほしいと思っています。可能であれば当院が気に入りここで就職したい!と最初から考えていても、職場の雰囲気や内容を知ってもらいたいのでまずは見に来てくださいとお伝えしています。

さらに見学に来た看護師さんで働きたい!と言ってくれた看護師さんにも、可能であれば他の事業所(ステーション)も比較してみた上で就職希望だしてくださいとお伝えしています。他もみた上で選んで頂きたいと思っていますよ。

 

基本的には当院は多職種が在籍して、医師も看護師もMSWもいい雰囲気で業務ができているとは思いますので自信はありますが、見学して当院の業務に納得した上で一緒に働く仲間が増えてくれればと思っています。

 

札幌で在宅医療や訪問看護、コミュニティケアに興味のある看護師さんいましたら気軽に連絡ください。まずは診療所見学から始めてみませんか?(見学した看護師さんの就職も今月も決まりましたがまだまだ募集はしていますよ!)

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!

 

 

 


地域の課題に向き合える住宅をつくりたい

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

先日購入した24軒の330坪の土地について昨日スタッフの一部と何をするかについて会議を行いました。

最初から住宅をすることは決めていたのですが、どのような方針で行うかを考えているのですが、現時点では

⓵在宅医療を取り巻く地域課題が存在しているが、この住宅でその地域課題を解決できるようなものをつくりたい

⓵医療依存度が高くなったとしても最後まで住むことができるのは最低限必要

②ホスピス機能を持たせたい

というのは必要かと個人的には考えています。皆の意見を聞いたところ、概ね同意見だったのでひとまずそのような住まいをつくれるようにこれから数か月で基本コンセプトを決めて図面を起こす作業をしていきたいと思います。

目標は来年3月の着工と10月竣工です。新規事業は楽しみですね。ちなみに責任者はMSW経験もある総務課の七崎君です!

 

地域に必要とされる住宅とは何か、理想の終の棲家はどうあるべきか、現時点で自分たちが考えつくかぎりのアイデアを盛り込んで絶対いい住宅をつくっていきたいと思っています。入居募集は来年夏からだと思いますが興味ある方いましたら早めに連絡くださいね~、決して裏切らないような住宅作りますので!

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!

 

 


医師、看護師の見学は随時可能です。興味ある方は是非ご連絡を!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

在宅医療や在宅緩和ケア、コミュニティケアに興味のある医師、看護師さんは随時募集しています。ただいきなり職員募集に応募するのはお勧めしておらず、地域医療の実際をみてよく考えた上で来てほしいので一度は見学しませんか?とお伝えしています。

7月も既に看護師さんが数人見学に来る予定です。在宅医療、在宅緩和ケアについて知りたい、学びたい、実践したいと思っている方はまずはご連絡ください。この2,3年当院に入職している職員さんはほぼ全てまずは見学から、という流れになっています。

自分のやりたい医療と患者さん家族が求める医療、どう両立させて追求していくのかは中々大きな組織である病院の中では難しいですよね。在宅の現場では個々の判断、気持ち(何をしてあげたいか)が大きく提供する医療に影響します。やる気のある方、チャレンジ精神があって前向きな方、まずは一度当院に見学に来てくださいね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!