ワクチンについて

こんにちは、いまいホームケアクリニック 小児科の小杉です。

今回は、ワクチンについてです。

 

10年前から比べても、小児のワクチンの種類はずいぶん増えました。
定期接種(原則として公費で無料となります)に新たに追加されるものが出てきたり、
それに任意接種を組み合わせたり、けっこう複雑です。

 

生後2ヶ月から多くのワクチン接種のために、毎月のように病院へ通います。
カゼをひいてしまって延期になることも多く、大変です。
1歳の誕生日を過ぎてMRワクチンなどを打ったあたりで、それに続くワクチンの接種間隔が広がってきます。
その影響もあってか、スケジュールが乱れてくるケースがあります。

 

1歳を過ぎてからも水ぼうそう、4種混合の追加、おたふくかぜ、日本脳炎などなど・・・
とワクチン接種は続いていきます。
ある年齢を過ぎると公費で打つことができなくなり、自費でのワクチン接種が必要になる場合もあります。

 

先日も自費での接種となる直前にワクチン接種ができたお子さんがいらっしゃいました。

受診の際に母子手帳を見せていただけると安心です。
接種スケジュールのご相談も、お気軽にしてください。