当院の訪問看護について

札幌市内で訪問看護と診療を一緒にやっているクリニックはそんなにたくさんはないですね。しかも緩和ケアを主体としている診療所は本当に2,3か所でしょうか。

訪問看護ステーションでの業務内容との一番の違いはやはり医療ニーズの高い患者さんが多い点でしょう。中心静脈栄養、CADポンプ使用、褥瘡処置、ALSの方への呼吸器管理などなど。介護保険の適応となる患者さんももちろん見ておりますが7割近くが比較的重症度の高い患者さんだと思います。

看護師さんは、どちらかというと病棟での仕事内容に近いものがありますが、在宅での仕事は常に患者さん中心での対応となるため色々と考えなければいけないことが多いです。使える保険や制度のこと一つとっても覚えるのは結構大変です。

当院では経験ある看護師さんがいますので安心して覚えて行けますよ。在宅医療への情熱のある看護師さん、始めたいけどどうしたらいいのかわからない看護師さん、気軽にご連絡ください。まずは見学でも構いませんので。

近いうちに看護の風景の写真を載せてみたいと思います。