在宅緩和ケアにおいて薬の使い方は生活状況やによって変えています

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

在宅での癌もしくは非癌の緩和ケア、終末期の患者さんに対しての治療ですが、在宅医や訪問看護師はこらからの病状変化と現在の生活状況、患者さんの心情などを考えながら行うようにしています。

同じ痛みの状況であっても、家族やケアしてくれる人がいるかどうか、独居なのかによって目標とすべき投薬治療の域が変わってきますし、その人自身が痛みに対してどう考えるか、薬の使い方がきちんとできるかどうかによっても、強めに薬を効かせるのかそれとも最低限の薬の使用量にするかは考えて対応しています。

当院と本当にたまに組む訪問看護師さんであったり、在宅緩和ケアに慣れていない看護師さんであれば、そこら辺の塩梅がどうしても理解していなくて「なんでこの薬の使い方なんですか?」って聞かれることたまにありますが、そこは諸々考えた上での調整なんで一言で言うのはちょっと無理があります。でもできる限りお伝えするようにはしていますが。

 

本当に個々の患者さんが最適な治療、緩和ケアを受けるためには、生活状況など色々な条件まで加味した上で投薬調整してくれる医師が必要だと思っていますが皆さんはどう考えますか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

 

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!