認知症の患者さんの在宅支援は、在宅医療のイロハが詰まっています

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

外来でも在宅でも認知症患者さんを毎日診療しています。服薬管理の問題、意思決定支援、家族の介護指導やレスパイト、訪問看護と訪問診療の連携、ちょっとした体調変化のサイン、日常生活支援、金銭管理などなど・・・・・本当に認知症患者さんの在宅支援は在宅医療のイロハが詰まっていますね。

どんなに名医の先生であっても、どんなに緩和ケアの技術があろうとも、認知症の患者さんをうまく在宅で診療することができない医師はいい在宅医とは言えないな、って個人的には思っていますよ。

何事も基礎ができてこそさらに発展がある・・・・在宅医や訪問看護師にとって認知症患者さんの診療の数をこなせばこなす程、引き出しが増えて実力がついていくと思っています。

 

認知症患者さんの在宅療養支援には在宅医療に必要なイロハが詰まっています。そう皆さんもおもいませんか?

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!