6月以降クリニックの倒産が増える!?かも・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

東洋経済オンラインにこんな記事が載っていました。

開業医が赤字!コロナで患者激減の厳しい現実

「・・・東京保険医協会の調査によると、都内の診療所1200件以上のうち、4月上旬に診療収入が減少した診療所は9割超となり、30%以上減少した診療所が7割を超えた。50%以上の減少も3割にのぼる

全国を対象とした2900件の状況では、4月月間を通しての保険診療収入が減少したとの回答が8割超、30%以上の減少は3割以上を占めた(日本保険医団体連合会の調査)・・・」

とのこと・・・皆さんも自身のことを考えてよく理解できていると思いますが、医療機関への受診抑制は経営に大打撃となっています。当院は外来診療の売り上げが法人全体の1割くらいしかないのでそこまでダメージはないですが、それでもやはり厳しい数字にはなっています。外来しかしていない診療所であれば今頃死にそうな顔になっていたに違いありません。

友人の開業医も融資枠の増加を検討しているようですし、これから先の開業医は体力と、将来を見通す能力と、そして売り上げが落ちても動じない精神力が何より求められてくるでしょう。診療報酬の振り込みは2か月遅れですので、場合によっては逆に4月分の振込金額を6月に確認、早々と損切して倒産、とかっていうケースも増えるかもしれませんね・・・・

そんな中こんなニュースもありました。ヤフーニュースより

診療報酬架空請求の疑いで医師と事務長逮捕 在宅診療装い95万円 警視庁

「診療報酬を架空請求したとして、警視庁捜査2課は27日、医師で医療法人「甲神会」理事長の広戸孝行(49)=東京都国分寺市=と、甲神会事務長の山田誠(53)=羽村市=の両容疑者を詐欺と私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕したと発表した。  逮捕容疑は1月上旬~2月下旬ごろ、山田容疑者と同居する70代の実母に在宅診療をしたとする虚偽の電子カルテを作成し、事務員に虚偽の電子レセプトを作らせ、東京都後期高齢者医療広域連合に診療報酬計約95万円を振り込ませたとしている。「弁解の余地もありません」などと、ともに容疑を認めている。  同課によると、広戸容疑者は2014年4月に「羽村在宅クリニック」を開院した。【岩崎邦宏】」

 

今後医療機関の経営が厳しくなったら外来のみならず在宅の医療機関でもこんなことがおきるとは・・・・在宅医としては真面目に診療してよ、と思いますが、貧すれば鈍するとはよく言ったものですね。

とこんな話をしていたら当院もきつきつでかなり厳しいんじゃないかと思われるかもしれませんが、経営者としてはいつでも「今こそチャンスの時!」と思って経営しています。常に前向きで生きていきたいですね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!