時にはタバコを吸わせてあげるのも在宅医の仕事?ですかね

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

普段は外来診療でも在宅医療の現場でも喫煙をよしとすることはほとんどないでので、喫煙者さんには「やめないと~」と話を繰り返ししていますがたまに例外もあります。

それは終末期もしくは時間が限られている患者さんの場合・・・昨日はとある喫煙者の患者さんの訪問診療時、自分ではなかなか火をつけて吸えなくなってきているタバコを吸わせてあげましたよ。

「タバコって美味いのかい?」と聞くと「美味くないけど、これはこれでいいんだよね」とのこと・・・決してタバコを肯定するわけではないですが、食事も水分も最小限しかとれない現状ではタバコが唯一の楽しみとなっています。タバコも普段は絶対悪だと思っていますが、この状況下であれば役にも立っているのかな、とタバコの煙にまかれながら複雑な気持ちで患者さんと相対し時間を過ごした午後となりました。

 

時間が限られているのであればしたいことをすればいい、したいことは個々人で違うから在宅医の自分はそれをサポートしてあげるのみ、そんな風に考えていますよ。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!