訪問看護の現場で自分のやりたい看護と患者さんが求める看護、相反していませんか?

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

在宅医療の一番基礎になる部分の訪問看護業務、本当に業務内容は多岐にわたりますよね。

患者さんの身体ケアや認知症への対応のみならず点滴や褥瘡治療などの治療行為、はたまたスピリチャルケアや身体的苦痛や精神的苦痛への緩和ケアもしなきゃいけないですし、また場合によっては直接的な看護より環境整備(介護保険の調整や食事の配慮、室内環境の改善)などもしなければいけない仕事などなど・・・・患者さんが必要な看護にあわせ適宜自分で考え、ステーションというチームで看護を提供していかなければいけません。

さてそんなやること盛りだくさんの訪問看護の現場ですが、看護師さんの中には「実際に働いてみたら自分のイメージとは違った」と言って離職される方、残念ながらどの事業所にも一定数います。

アクティブに活動している○○ステーションを早々に辞めた看護師さんと先日ちょびっと話をしましたが、やめた理由としては「自分の考えていた看護ができなかったから」という理由でした。まぁ内容聞くと理解することはできるんですが、正直自分としてはもう少しだけその現場で頑張ってみてもいいんじゃないかな、とも思えましたよ。

実際の訪問看護の現場では看護師さんのやりたい訪問看護と、患者さんや家族、他職種から看護に求められていることは微妙に違います。(というかすべて一致することなんてほぼありません。)そんな時に自分の理想の看護をやりたい、やりたい、と考えるのは確かに必要かもしれませんが、「求められている看護の中で自分にしかできないことはなんだろう?」と考える必要があるかと思います。それができないと結局は自分のしたいこと≒求められる業務、となり永遠にその差は埋まらず満足感は得られないです・・・

上記に関しては訪問看護の現場のみならず一般の社会人でもそうなのかもしれませんが、やっぱり自分は「自分がしたい看護業務ってあくまで患者さんや家族に求められることの中から考えていく」ことの重要性を再認識することが大事なんではないか、とこの前看護師さんと話しをしながら感じましたよ。

皆さん訪問看護の現場で自分のやりたい看護と患者さんが求める看護、相反していませんか?本当にその看護は求められている真のニーズを満たしているでしょうか?

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!