在宅医療の少しのデメリットを心配するより、たくさんあるメリットに目を向けてみませんか

こんにちは、札幌の在宅医&在宅緩和ケア医@今井です。

 

当院はMSWにも外来の診療の現場でも在宅医療(訪問診療)を受けるかどうか迷っています、という相談がたくさんあります。曰く入院中の病院から連れて帰りたい、特養からサ高住にいれるかどうか迷っている、自宅で看取ってあげたい、などなど相談は人それぞれ全く違いますので都度で着る限り話は聞くようにしています。

その中でどうしても自分が気になることは、相談者の家族が出ようとしている施設や入院中の病院から「在宅に帰ると病院と同じ様な医療が受けられないよ」とか「サクションはどうするの?」とか「自宅やサ高住に入って何かあったらどうするの」とかって未だに言われていることが多い、ということです。

家族の方はそういわれると不安感を抱えてしまうのは当然だと思います。そんな時に自分がよく言うことは「確かに在宅医療のシステムは完璧ではないと思いますしできないこと、家族の負担になることがあるのは事実です。ただその他のシステムや住環境にも完璧なものはありません。在宅医療の2,3のデメリットばかり気にして、たくさんあるメリットの側面が見えなくなってしまっていませんか?」と言うようなことをニュアンスとしてお伝えしています。

患者さん家族のことを心配してそのような言葉を伝えてくれるのは医療/介護者としては優しいな、とは思いますが、それで自宅復帰の道を閉ざしてしまうことになると逆にそれは患者さん自身にとっての損になるのではと思いますが皆さんはどう考えるでしょうか?

 

どんなにいい制度やシステムでも、必ず不備や欠点は少なからずあるのは事実です。在宅のもっとポジティブな面を皆さんにしってもらいたいですね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!