「薬がでない外来診療」は不安ですか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医@今井です。

 

日々行っている在宅医療の現場では、前医からの引き継ぎ処方をどうやって減らしていくのかを日々考えていますが、外来の現場でも薬を以下に少なくしていくか努力しています。

抗菌薬や喘息薬、脂質の薬や高血圧のための薬など、必要に応じもちろん処方はしていますが、処方しなくてもいい病態の時にはできるだけ処方しないで対応したいと考えています。もしくは処方するとしてもどれだけ短期間の処方にできるのかに挑戦しています。

患者さんによっては「薬がでないんですか?」と不安になることもありますが、その都度必要な説明は行うようにしていますよ。どうしても皆さん診療所にかかる、医療を受ける=薬をもらう、という考えになっているので必ずしもそうではないですよ、と日々診察室の中でお伝えしていきたいと思います。

 

薬の効果は否定はしませんが、皆さん盲目的にお薬原理主義になっていませんか?薬のうまい使い方、付き合い方に関してはかかりつけ医やかかりつけ薬剤師さんにきちんと相談してみてくださいね。

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!