どう死を迎えるか、ではなく、どう生きていくかを支えるのが在宅緩和ケアだと思っています

こんにちは、札幌の在宅医&在宅緩和ケア医@今井です。

 

日々がんの病気と向き合う患者さんや家族の方の診療をしていると「がんっていう病気は本当に難しい病気だな」と実感しています。

難しい病気、というのは色々な意味があって、単純に医学的な診療面でも症状緩和の面でもそうですし、病状予測の点でもそうです。またなによりも何回経験しても難しいなと個人的に感じているのは、患者さんや家族を支えていくのにどのように関わっていけばいいのか、教科書的な対応ではなく本当に患者さん一人一人に適した対応というのを考えて実行する必要がある点がそうだと思っています。

ある患者さんからはやはり再発に関する恐れや化学療法のつらさから「終わりのない道をいつまで歩めばいいでしょうか?」と言われることもあります。また他の患者さんからは「なぜ私ががんになったのでしょうか?」と問われることもあります。

その人の状況を把握し、そのように考えるようになった背景を想像し、その上で医療者としてどのように答えてあげるべきなのかを考える・・・・何回経験しても本当に難しいですね。

ただ自分が患者さん家族と話をするときに意識していることは、会話自体も死についてフォーカスして話をするのではなく、あくまで現在の時間を、現在の生を、どのように楽しく、心地よく過ごしていくため一緒に相談していきましょうね、というスタンスをとることです。

どう死を迎えるか、ではなく、どう生きていくかを支えるのが在宅緩和ケアだと思っていますが皆さんはどう考えますか?

 

当院は外来でも在宅でもその人の生活にあわせた緩和ケアを、医師、看護師、リハセラピスト、ケアマネ、MSWなどチームで提供したいと思っています。札幌で在宅医療や在宅緩和ケア、外来での緩和ケアを受けたいと思っている方いましたらまずはご連絡くださいね。お待ちしています。

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!