自宅に帰れるかどうかを話すべきではなく、どうしたら帰ることができるのか、を考えるべき

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

在宅患者さんがとある理由で入院していますが、御家族はどうしても連れて帰ってみてあげたいとの希望・・・・しかし療養型の病院でもあるためADLは入院前と比べて格段に落ちており、自宅での介護に関して病院側ができるのかどうか病院側は懐疑的になっています。

今回自分は知らなかったのですが御家族と入院医療機関側で「自宅に帰れるかどうか」というお題で集まって相談するようですが、自分からするとご家族がそれだけ強い気持ち、意思をもっているのであれば帰れるかどうかを考えるより「どうしたら帰ることができるのか」を考えるために集まるべきではないかぁと思ってしまいます。

 

色々理由をつけて「無理でしょ?大変でしょ?」って言うことは簡単ですが、一緒にどうしたらその希望をかなえてあげることができるのか考えてくれる医療スタッフが多くなればいいですね。

皆さんはどう考えますか?

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!