あぁ、ホスピスからの在宅復帰は厳しくなりそうですね・・・ただただ残念な結果です・・・

こんにちは、札幌の在宅緩和ケア医@今井です

今回の改定でいいなと思った点は緩和ケア病棟からの在宅復帰が促進される点かなと思っていました。

このブログ記事でも書きましたが

厚生省最高!!

って思っていましたがそうでもないようです。

以下資料

ポイントは

① 直近1年間の平均在棟日数が30日未満かつ平均待機期間が14日未満であること

②直近1年間において、在宅に移行 し た 患 者 が 退 院 患 者 全 体 の 15%以上であること。

っていう文言が入ったのですが注目すべきは点数です・・・・

緩和ケア病棟入院料の1と2の差がたった200点くらいしかないんです!!

・・・・・えぇ、間違いなくこの入院料2を算定する病棟が圧倒的に多くなるのではないでしょうか、1の基準が厳しいわりに実入りはそれを上回るものではないのではないかと考えます。

つまり自分が期待したホスピス入院患者さんが在宅復帰という選択肢を持つということがまた2年後まで遠のいてしまった、ということです。

繰り返しますがホスピスに入院した患者さんが自宅復帰をするという選択肢はこれまでは本人もしくは家族が強力に主張した場合にようやく病院も動くという形でした。自主的に在宅復帰を進めていくホスピス病棟はおそらくは札幌には少なくとも内科と思います。

精神的にも不安定でどうするか迷っている中、在宅復帰という選択を取れる患者さんはほんの一握りとなるでしょう。

 

今回の改定のこの部分、かなり期待していただけに正直がっかりしています・・・も少し何とかならなかったのか・・・在宅の良さを知る身としては本当に残念です。皆さんはどう考えますか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加